DQ-03 |「時間の『つけかえ(盗難)』対策」| テーマ

| テーマ

「時間の『つけかえ(盗難)』対策」

これ以上、貴重な時間を盗ませない、利用させない。
時間の「つけかえ(盗難)」対策、3つの練習です。

画像

| テーマ概要

第3回目のテーマは、「時間の盗難」です。

あなたの時間は、あなたのもの。
それなのに、気がつけば、他人の用事や要望を、生きてしまっている......。

もし、こんなことが、日常的に起こっているとしたら。
どれだけ "がんばって" も、望む人生なんて、かないません。
時間の辻褄が、合っていないからです。

[ MESSAGE & POINT ]

気づきづらいレベルで、他人の要望を代行させられてしまう、「時間の『つけかえ』」。
スケジュール帳を使い、現状を把握してゆきます。


実際のところ、その混乱の中で、何が起こっているのか。
......「誰と」の間で、「何が」「どれぐらいの度合いで」起こっているのか。

手帳の上で、現象を、確認してゆきます。
スケジュール帳でなら、目に見えづらい現象を、「見える化」することができるから。

-
「時間の盗難」が起きる仕組みも、知識として学習です。
心理学(交流分析)の考え方を元に、「盗難」発生の仕組みを、理屈で学びます。


からくりがわかれば、予防方法も、わかってきます。
やすやすと取られていた時間を、これ以上、渡さないことにします。

-
他人の要望を代行するために、心も時間も、すり切れる。
こんな日々は、もう、おしまい。


その代わり、その時間を、生きたい人生のために、取り返します。




| テーマ詳細

"まずは、やってみる"(1クラス目)| テーマ詳細

習得するテーマの内容

レジュメにしたがって、ワークを組み立ててゆきます。

[ 主な習得テーマ ]

[ テーマ1 ]
・事前課題を見ながらの、振り返りと確認
・「時間の盗難」が発生する仕組みのレクチャー
【実践】事前課題と、レクチャー内容との突き合わせ

[ テーマ2 ]
・「時間の盗難」3つの改善策の提案
【実践】レクチャーの改善策を意識し、まずは2週間試す

[ ご留意 ]上記はあくまで、大きな流れのご説明例となります。
ワークショップの時間は「ライブ」となりますため、必ずしも、上記の流れ通りになるとは限りません。その上で、お客様に、時々のベストをご提供いたします。あわせましてご了承ください。

| クリックで別ページ拡大表示

"練習してものにする"(2クラス目)| テーマ詳細

習得するテーマの内容

2クラス目は、同じテーマの内容を、実践・実戦レベルに落としてゆきます。

[ 主な習得テーマ ]

[ テーマ1 ]
・「時間の盗難」のレクチャーの復習
【実践】改善策を2週間試したフィードバック

[ テーマ2 ]
・「時間の盗難」が発生する仕組みの、詳細なレクチャー
【実践】時間を盗難されないよう、スケジュール帳の改善
【実践】スケジュール帳の改善策を意識し、2週間試す

[ ご留意 ]上記はあくまで、大きな流れのご説明例となります。
ワークショップの時間は「ライブ」となりますため、必ずしも、上記の流れ通りになるとは限りません。その上で、お客様に、時々のベストをご提供いたします。あわせましてご了承ください。

「知識として、『わかった』だけで、終わらせない」
手を動かしながら、行動・実践レベルに落とし込んでゆく回。新しい習慣を、日常の一部として、定着させることが目標です。


| クリックで別ページ拡大表示

| 申込