補講的勉強会 | 第5回「『心』と『身体』の勉強会」

画像

| ONSA WORKSHOP(対面式)
「心」と「身体」の勉強会

[テーマ]
健康さ・普通さの「度合い」について、心理学的知識から学びます。
[効果]
健康・不健康(=苦しい)の「度合い」が、客観的知識で理解できることは、「がまん」「がんばり」のサイクルから脱する契機となります。
画像

第5回 |
「『心』と『身体』の勉強会」のテーマ

勉強テーマ[1]| 重い原家族[1回目]
内心、"親が重い" と思っている。
「なぜ、実家でくつろげるのですか?」......謎の件

謎をとき、理解を深める

原家族......つまり、生まれの家族の前で、くつろげない。

世間の大多数の人が、「実家に帰るとホッとする」という意味がわからない。
「頼れるものは実家」「実母が頼りになる」ということの、意味が理解できない。
このような感覚を抱えた方の、長年の謎をといてゆくレクチャーです。

第5回「勉強会」で扱う内容

上記を理解するために、「『家庭』『家族』の基本機能」について、知識で学んでゆきます。

いわゆる、健康な家族とは、どのような機能を有しているのだろう。
どのような理由のために、存在している?

-

健康な家族を見てゆくことで、そこから逆引きして、「機能不全家族」という概念が理解できる。
「機能不全家族」を理解することで、みずからが失っているものについて、自覚的になってゆくことができます。

以下ついて、心理学的知識をもとに理解

以下すべて、心理学的知識・概念下で |

・いわゆる健康な家族とは? 生物学的な定義
・いわゆる健康な家族が有する機能

・「機能不全家族」の特徴
・「機能不全家族」が、家族という機能から失っているもの
(他)

勉強テーマ[2]| 実践応用のレクチャー
最新の時事にもとづいた、実践応用・即戦応用のレクチャー

実践応用

勉強会の後半は、前半の内容を応用した、実践的なレクチャーの時間。
本「勉強会」最大の売りであり、人気の部分です。

-

時事や世情の勉強、人生を守ってゆくために欠かせない、教科書には決して書かれない「土台知識」の学習。
『自分の命を、自分で守る』勉強会」や、「安心・幸せな人生の必須知識 | “無自覚型” 共依存を知る」に文章として上がってくる前の、最新の安全情報を共有。

テーマは毎回異なり、最新の時事・必要事項を反映しています。
「今ここ」の人生を、即戦的に守ってゆくための、時事的な内容が中心となります。