「コース2/STEP.1(後期日程)」|「過去」と「今」の時間を、つなげてゆく

[本コースの目的]
・いわゆる「共依存」現象を理解するための、基礎コースとなります
・「共依存」状態のままで生きてゆくと、人生にどのような実害が出てくるのか、
 1週ごとに、課題を通じて、体感としての理解を深めてゆきます

・学ぶことで、今まで不可解に思っていた悪循環の、仕組みが理解できます
・仕組みが理解できることで、「共依存」を解決してゆけるようになります

| ONSA Web. WORKSHOP
「コース2/STEP.1(後期日程)」

[ご参加順位・ご参加資格]
【あり】
該当コースを履修された方にご参加いただけます。該当コースに関しては、本ページ下をご覧ください


[ステージ・難易度]
Stage.2[圧倒的基本]
画像

| PAY FORWARD(ご参加者のご感想)


そういうことなのだよね。私の生き方は、誰にも強制できないのです。
家族にも、家族以外の人にも。
課題に取り組めば取り組むほど、自分を深く知ろうとすればするほど、少しずつ自分の本当の感情や願いが見えてきた。
それがすごく嬉しい。
私にありがとう。
このワークに参加してくれて、ありがとう。

前期日程に引き続いて、
いわゆる「共依存」現象に対する理解を、深めてゆきます。

自分の本音で、過去を見てみる

ひとつ前の、あいまいな選択を何とかするために、ふたたび、あいまいな選択をして、その場しのぎに、しのいでしまう。

どんどん、人生が絡まってゆく。
こんな状態を、今度は、ほどいてゆきます。

一歩ずつ、自身の過去と向き合ってゆくコースです。


手強い習慣だからこそ、基礎に忠実に

「共依存」……この問題を「本当に」解決するためには、客観知識が必要です。
特に、「境界線(バウンダリー)」に関する知識が、必須となります。

本コースは、ONSA WORKSHOP(対面式)「境界線(バウンダリー)ワークショップ」にて、境界線の知識と再訓練が完了していることを、ご受講資格としております。

コース進行表

「コース2/STEP.1(後期日程)」
[ 「過去」と「今」の時間を、つなげてゆく ]
| コース内容
第1週
  • 自己紹介をしよう。自分のテーマを宣言しよう。
  • いわゆる「機能不全家族問題」とは、何なのだろう。
第2週
  • いわゆる「共依存」とは、何なのだろう。
    知識を得て、世の中を観察する1週間を、再び体験する。
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第3週
  • 悼む。時間は限られているから、前に進む。
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第4週
  • 決意しよう。それをまだ、続けたいだろうか。
    誰のために生きる人生に、したいですか。
  • 「出さない手紙」を書く。
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第5週
  • 「即返」しない意識を持つ。悪循環を断ち切りはじめる[1]
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第6週
  • 「即返」しない意識を持つ。悪循環を断ち切りはじめる[2]
    前週のフィードバック/できたことを確認してゆく。
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第7週
  • 「i-message」で境界線を守る[1]
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第8週
  • 「i-message」で境界線を守る[2]
    前週のフィードバック/できたことを確認してゆく。
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第9週
  • 自分の「べき」に気づいてゆく。口癖・考え方のパターンを意識する[1]
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第10週
  • 自分の「べき」に気づいてゆく。口癖・考え方のパターンを意識する[2]
    前週のフィードバック/できたことを確認してゆく。
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第11週
  • 3ヶ月のあしあとをまとめてゆく。
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第12週
  • 振り返る、自分を褒める。PAY FORWARD をまとめてゆく。

| ご留意事項

[1]
「コース2/STEP.1(前期日程)」を終了された方が、ご参加可能です。
同時に、ONSA WORKSHOP(対面式)「境界線(バウンダリー)ワークショップ」の受講経験があり、「境界線」訓練の1回目が完了している方のみが、ご参加可能となります。
[2]
「コース2/STEP.1(後期日程)」よりも先に、必要なケアーを受けられた方がよいと思われます方に、フィードバックを申し上げる場合がございます。
[4]
「コース2/STEP.1(後期日程)」に必要となる再訓練が不足している場合、お客様の安全性のため、継続しての受講をお断りする場合がございます。

画像
画像

| ONSA WORKSHOP は「回復者」が「主催者」のワークショップ

ONSA WORKSHOP は、「体験者」であり「回復者」が主催者のワークショップ。
その体験から、実際に回復(リカバー)した者が主催となりますため、実践的な内容が特徴です。

「その状況も気持ちも多分、"体験して" "知っている"」
詳しい来歴等は、「私たちの想い | 運営者情報」からもお読みいただけます。