「コース3/STEP.1(前期日程)」[ 真新しい一歩を踏み出す ]| 自分の心で、新しい時間をつくりはじめる

「自分の時間を生きるために、生まれてきた」

自分らしく生きることは、
いつからでも、新しくはじめられます。

| ONSA Web. WORKSHOP
「コース3/STEP.1(前期日程)」

[テーマ]
【 真新しい一歩を踏み出す 】
| 自分の心で、新しい時間をつくりはじめる

[効果]
コースを通じ、自分に合っている生き方を、現実的な目線で、組み立ててゆく。そのプロセスを、再体験することができます。
画像

| 本コースの目標

・Coming Soon

| PAY FORWARD(ご参加者のご感想)


自分の内側を満たすこと、過去をしっかり振り返ること。
今の私にはそれがとても大事なことだと気付きました。

とても収穫の多い12週間でした。
今まで、どんなに頑張っても頑張っても頑張っても、
なかなか報われなかったけど、報われるようになってきた。

私は、頑張り方を間違えていただけだったね。
わたしは、わたしを責めるのではなく、
わたしを支えて励ましてやりたい。
わたしの人生を生きることに、ちょっとずつトライしていきたい。

止まった時間を、動かしてゆく。
中学ー高校時代の、仮想やり直し体験です。


いわゆる「共依存」現象により、時間が止まっていた部分。仮想で、やり直してみる


本コースは、いわゆる「機能不全家族問題」の「回復」作業に、人生の時間を充ててきた方が、新しい時間を再スタートするためのコース。
健康で幸福、生産的なやり方で人生をつくるための、スタートコースとなります。



私たちはみな、自分の手で、人生選択をすることを通じて、「自分の人生」と呼べるものを得てゆきます。
自分で選ぶから、自分の人生になってゆくのです。

いわゆる「機能不全家族問題」に巻き込まれた人間は、この健康なプロセスをへることを、許されませんでした。

この生き方を、強いられた人間。
その特徴は、自分の人生を、自分で決めるという体験を、奪われていることです。




「奪われている」ゆえ、いわゆる「共依存」という現象に、悩まされている。

「自分の人生なのに、主役の自分が不在」
このような状況に、なっているのです。


「今ここ」を壊すことなく、接点を作ってゆく


「コース3」の1コース目は、中学ー高校時代の、仮想やり直し体験です。
誰もが、本当にしたいことを探してもよいはずだった時代を、仮想体験として、やり直してみます。



「私にとって、『好きで』『合っていて』『長続きすること』は、何なのだろう」
「私の能力とは、何なのだろう」


「今ここ」の日常生活を、生き続けてゆくこと。
その枠を破壊せず、枠の中で、できる限りの大きさと広さで、自分自身を再発見してゆく。

「過去の時間」と、「今の時間」。
2つの時間の作業を、同時進行・並行的に行ってゆく。

「今」を壊さずに、「今ここ」と「本当に生きたい人生」との間に、少しずつ、接点を取り戻してゆきます。



画像

コース進行表

 

コース進行表 |



「コース3/STEP.1(前期日程)」
[ まっさらな一歩を踏み出す ]
自分の心で、新しい時間をつくりはじめる
| コース内容
第1週
  • 自己紹介をしよう。自分のテーマを宣言しよう。
第2週
  • 生きてゆく、自立する、仕事をする。
    それは「私にとって」、どういうことですか?
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第3週
  • 私なりの人生のバランスを、自分の中で確認する。
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第4週
  • 心と直面してみる。いわゆる「夢」はなんですか?(1)
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第5週
  • 心と直面してみる。いわゆる「夢」はなんですか?(2)
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第6週
  • 私が「得意で」「好きで」「続けられる」ことは何?(1)
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第7週
  • 私が「得意で」「好きで」「続けられる」ことは何?(2)
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第8週
  • スケジュール帳を使い、肯定的な意味で「現実を直視する」(1)
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第9週
  • 「グレー時間」を逆手に取る。時間がないから、時間を湧かせよう(1)
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第10週
  • スケジュール帳を使い、肯定的な意味で「現実を直視する」(2)
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第11週
  • 「グレー時間」を逆手に取る。時間がないから、時間を湧かせよう(2)
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第12週
  • 3ヶ月のあしあとをまとめよう。
  • 振り返ろう、自分を褒めよう。PAY FORWARD をまとめよう。

| ご留意事項

[1]
「コース2/STEP.2」を終了された方がご参加可能です。
[2]
「コース3/STEP.1(前期日程)」でおやめになり、「コース3/STEP.1(後期日程)」に進まれないことも可能です。
[3]
「コース3/STEP.1(前期日程)」が完了した段階で、必要なサポートに回られた方がよい方、あるいは、必要な再訓練不足のため「ONSA WORKSHOP(対面式)」を受講された方がよい方には、お知らせ申し上げる場合がございます。
[4]
「コース3/STEP.1(前期日程)」に必要となる再訓練が不足している場合、お客様の安全性のため、継続しての受講をお断りする場合もございます。

| ONSA WORKSHOP は「回復者」が「主催者」のワークショップ

ONSA WORKSHOP は、「元・体験者」「回復者」が主催しているワークショップ。
いわゆる「機能不全家族問題」「共依存」のテーマから、実際に回復(リカバー)した者が主催する、実践的な内容。
すでに、長い開催歴があります。

詳しい来歴は、「私たちの想い | 運営者情報」でもお読みいただけます。