「コース3/STEP.2(前期日程)」| 現実世界と、仲直りしてゆく

画像

・「共依存」の世界観から、健康な世界観へ移ってゆく際の、準備コースです

・「共依存」的世界観の中でだけ通用した、独自ルールに自覚的になります
・ひるがえって、健康的な世界の中では、どのような生き方のルールになっているのか
 そのことを、まずは知識として学んでゆきます
・2つの差を自覚して生きることで、健康な現実世界に、軟着陸してゆきます


| ONSA Web. WORKSHOP
「コース3/STEP.2(前期日程)」

[ご参加順位・ご参加資格]
【あり】
該当コースを履修された方にご参加いただけます。該当コースに関しては、本ページ下をご覧ください


[ステージ・難易度]
Stage.3[基礎]
画像
これまでの私の知っている世界や生き方とはまったく違いました。
そもそもまず、生きる世界の土台がまったく違いました。
私は、健康な生き方をまったく知りませんでした。
でも、
「私は本当に、まったく知らない」
ということを知ることができたのは
とても良かったです。
私は自分が好きなこと、快適に思えることを知っていて、
幸せになるための地図の一部も手に入れている。
だから、知識として得たこと、そして自分の直感を信じて、
心の声を聴きながら、まだまだ歩き続けよう。

「現実世界」と、仲直りしてゆく

いわゆる「共依存」の世界観は、「建前と本音」「0か100か」の、両極端な世界です。

そのような、歪んだ世界観の中で、"現実的" に選択できたものといえば、
「完璧にできる(=100)」
「完璧にできないなら、ゼロ(=0)」

2つの選択肢しかありませんでした。


いっぽうで、この現実世界は、

トライ&エラー(=試行錯誤)」 × 無数の選択肢

無限の選択肢の組み合わせが、作れる世界。
「できない」を「できる」にする選択肢は、現実的に、無限にあります。


「ノー」一択ではなく、選択肢を探す。
練習を重ねることで、この選択が、可能になってゆきます。


現実世界の中に、安全に帰還してゆく

「現実的に考える」ことは、可能性を広げてくれます。


いわゆる「共依存」現象の影響を受けた者にとっての、「現実的に考える」という、言葉の意味。
それは、「妥協」と「あきらめ」を意味していたかもしれません。

しかし、本当の意味で、「現実的に考える」こと。
それはまず、この現実世界を、曇りのない目で知ることからスタートします。


歪んだ世界観ベースではなく、健康な文脈で、世界を理解し直してゆく。
本コースでは、この世界に最初から存在していた側面を、新しい目で、あらためて知ってゆきます。


コース進行表

「コース3/STEP.2(前期日程)」
[ 現実世界と、仲直りしてゆく ]
| コース内容
第1週
  • 自己紹介をしよう。自分のテーマを宣言しよう。
第2週
  • 生きる権利・働く権利を、あらためて確認する[1]
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第3週
  • 生きる権利・働く権利を、あらためて確認する[2]
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第4週
  • ズル行為と、偽りの「賢さ」[1]
    ズル行為の代償、その「影響」「広がり」を理解しておく。
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第5週
  • ズル行為と、偽りの「賢さ」[2]
    ズル行為の代償、その「影響」「広がり」を理解しておく。
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第6週
  • あらためて、現実的な計画を立ててゆく:
    いちばん土台のプランを見てゆく[1]
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第7週
  • あらためて、現実的な計画を立ててゆく:
    いちばん土台のプランを見てゆく[2]
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第8週
  • あらためて、現実的な計画を立ててゆく:
    いちばん土台のプランを見てゆく[3]
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第9週
  • あらためて、現実的な計画を立ててゆく:
    いちばん土台のプランを見てゆく[4]
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第10週
  • 現実世界の中で、「自分を持つ」練習をスタートする。
    自分なりの、OK と NG のラインを決めてゆく[1]
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第11週
  • 現実世界の中で、「自分を持つ」練習をスタートする。
    自分なりの、OK と NG のラインを決めてゆく[2]
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第12週
  • 3ヶ月のあしあとをまとめてゆく。
    振り返る、自分を褒める。PAY FORWARD をまとめてゆく。

| ご留意事項

[1]
「コース3/STEP.1」を終了された方がご参加可能です。
[2]
「コース3/STEP.2(前期日程)」でおやめになり、「コース3/STEP.2(後期日程)」に進まれないことも可能です。
[3]
「コース3/STEP.2(前期日程)」が完了した段階で、必要なサポートに回られた方がよい方、あるいは、必要な再訓練不足のため「ONSA WORKSHOP(対面式)」を受講された方がよい方には、お知らせ申し上げる場合がございます。
[4]
「コース3/STEP.2(前期日程)」に必要となる再訓練が不足している場合、お客様の安全性のため、継続しての受講をお断りする場合がございます。

画像

| ONSA WORKSHOP は「回復者」が「主催者」のワークショップ

ONSA WORKSHOP は、「体験者」であり「回復者」が主催者のワークショップ。
その体験から、実際に回復(リカバー)した者が主催となりますため、実践的な内容が特徴です。

「その状況も気持ちも多分、"体験して" "知っている"」
詳しい来歴等は、「私たちの想い | 運営者情報」からもお読みいただけます。