Stage 1 | 変容ワークショップ

画像

・私たちが時間を送ってゆく、大まかな「道筋(=発達段階)」を学ぶコースです
・「発達段階」に関する情報が理解できれば、人生の全体像が俯瞰できます

・全体図に照らし合わせて、自身が今、どの位置にいるのかが理解できます

・理解が通ることで、明確に順序立てて、人生を変えてゆけるようになります
・望む人生に軌道を変えてゆくことも、理解が通れば、いっそう容易になります

| ONSA WORKSHOP(対面式)
変容ワークショップ

[ご参加順位・ご参加資格]
【なし】
本講座は「ご参加資格なし」となりますが、基本のエントリーコースを終了後にご参加ください


[ステージ・難易度]
Stage.1[圧倒的基本]
画像

変化に関する知識をつける
人間としての、基本的な「取説」を理解する

植物は、芽が出て双葉になり、茎がのびて枝になり、花が咲きます。
心理学的な知識にもとづけば、人間にも、このような変化の段階があります。

それが、人間の「発達段階」説。
いうなれば、人としての、基本的な「取説(とりせつ)」です。


-

この「発達段階」説には、幾人かの著名な心理学者により、いくつかの提案があります。
これらの提案の内容は、おおむね一致していて、しかも具体的。

理解すれば、みずからの現実を俯瞰し、よいものにしてゆくために、とても役に立ちます。

-

本ワークショップでは、この基本的な「取説(とりせつ)」......「発達段階」説を、具体的に理解してゆきます。

理由は、基本の理解ができていないと、人生が不可解で、苦しいものとなるため。
また、年齢が上がってゆくにつれ、不可解さ(=なぜ、何のために生きているのだろう)の感覚が、大きくなってゆくためです。


・人間としての、基本の「発達段階」の取説(とりせつ)を理解する
→ 全体像が見えれば、検証して、対策が立てられる

・望む人生を妨げている原因を、心理学的な知識から理解する
→ いくつかの心理学的知識をもとに、具体的な対策を検討してゆく

・望む人生を実現するために、どの部分を補強すればいいのか、具体的に理解する
→ 補強部分の補い方を、具体的・計画的に対策してゆく


PAY FORWARD |
実際にご参加になった皆さまのご感想

「地味だ」と言われるコースだそうですが、私にとっては気づきの宝庫だったので、本当に参加して良かったと思っています。
なんというか、全体を見渡せたので、日頃腑に落ちなかったこと、点だったものが、ゆっくり線となってつながってきた感じです。
レクチャーもワークも、どの時間も、本当に
「これを知らずに生きれない!!」
というものばかりで、クラスを通しての衝撃は、私にとって、すごいものでした。
ひとつずつ踏んでこなければいけないステップを、ひとつも通過してないことが分かりました。
年齢に応じたステップをなにひとつ踏まないまま、最終ステップの年齢に突入していて、唖然としてしまいました。
足元がぐらぐらなのは当たり前です。
自分の方向性が分からないのも、ある意味当然だなと思いました。
私は私に正面から向き合い、いままで経験してこなかったステップを、これからひとつずつ経験して、自分と結びつきを強くしていきたいです。
Read more.
「PAY FORWARD(ご参加者のご感想)」は、本ページ下のリンクから、さらに読むことができます。500クラス以上のご参加者様のご感想が、リストされています。

基本を理解すると、解決が見えてくる

人の基本的な「取説(とりせつ)」......「発達段階」を理解すること。
それは、以下のことを、理解することでもあります。

・人間は、年齢(=時間)の変化とともに、どのような人生プロセスを進むのか
・自分自身の変化のプロセスは、どの段階で「詰まって」いるのか
・どうやったら、この「詰まり」を解消して、実りある次の段階へと進めるのか

-

人間としての「あなた」の、基本構造を知ること。
現状の「詰まり」の原因が、どこで・どのような理由で起きているのか......。


「知は力なり」です。
知ること......科学研究と心理学知識で補完することは、現状を変えてゆく大きな力。
知識を重ね、客観的に理解することで、人生を、実りあるものへと変えてゆけます。

中でも本コースは、「知らなければ先が続かない」と言えるほど、基礎中の基礎の知識部分を扱っています。



画像

| ONSA WORKSHOP は「回復者」が「主催者」のワークショップ

ONSA WORKSHOP は、「体験者」であり「回復者」が主催者のワークショップ。
実際に回復(リカバー)した者が主催であるため、現実的・実践的な内容が特徴です。

「その状況も気持ちも、"体験して" "知っている"」
詳しい略歴は、「私たちの想い | 運営者情報」からもお読みいただけます。