「コース1/STEP.1」【基礎は、すべて】| 時間習慣と、こころの習慣を整える

ONSA Web. WORKSHOP(ウェブ・ワークショップ)各コースご案内
「コース1/STEP.1」
【基礎は、すべて】| 時間習慣と、こころの習慣を整える


「望む人生を送りたい! 
でも、時間がない……」
そんな時はまず、時間習慣の整えから。
時間が整うと、心が、ほほえみます。

| PAY FORWARD(ご参加者のご感想)

私にとって、これ程までに自分と向き合った時間は、人生の中でありませんでした。
一緒にワークに取り組んでいた仲間たちも心強い味方でした。
誰かの書き込みを読んで、励まされたこと数知れずです。
自分と似たようなことで、悩んだり、つまずいたりしている人がいると、「あ、自分だけじゃないんだ。」とちょっと嬉しかったりして。
”私は変わりたい” という意志さえあれば、今からだって変われる、人生のどの地点からでもやり直せる。
心からそう信じることができました。


| 本コースが、あなたのためにできること


時間習慣を整えるための、基礎のコースです
 


時間、すべての基本。
時間の使い方は、その人の人生観をあらわしています。
本コースは、書籍『夢をかなえる人の手帳』……通称『夢かな手帳』を使いながら行う、実践的な12週のコース。


コース終了後に感じられる、「時間整理効果」を目的に、何度もご受講される方が多い、人気のコースです。


「夢をかなえる」土台のコース。いわゆる「共依存」現象からの、回復を目指す方の基礎コースです。


「まずは、できることから」 現実的なスタートが、人気の秘密

「時間の使い方を、ひとつずつ、等身大に見直すこと」

たったそれだけの、シンプルなことを通じて……。
12週が終わる頃には、時間も気持ちも前向きになっている、不思議な魅力のコースです。



ご受講しやすいスタイルが、人気です

ご自宅から、PC 経由で、ご受講いただけます。
無理の少ない受講スタイルゆえ、お仕事をお持ちの方、お子さまをお持ちの方にも、人気のコースとなります。


何をするにも、「まずは基礎」。日々の時間の、基盤を整えるコース

時間習慣が、整うこと。
それは、人生の基礎部分が、整うことをさします。
また、心が、整うことでもあります。

時間習慣を整え、1日にできること「だけ」を、自分に課すこと。
自分を、いじめないこと。
たったそれだけで、日々の時間が、穏やかで平和に変わります。





 

コース進行表 |



「コース1/STEP.1」
【基礎は、すべて】
時間習慣と、こころの習慣をととのえる
-
まいにちの時間習慣と、しっかり向き合う。
| コース内容
第1週
  • 自己紹介をしよう。
  • 変化していっても大丈夫。自分のテーマを宣言しよう。
第2週
  • 自分を褒める習慣をつけよう(1)
    自分で自分に「ストローク」を与えよう。
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第3週
  • スケジュール帳をつけてみよう(1)
    とにかくつけてみよう!
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第4週
  • できなかったことより、できたことを認めよう。
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第5週
  • スケジュール帳をつけてみよう(2)
    時間の誤差をはかってみよう。
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第6週
  • 「これがイヤ!」をヒントにしよう/「これがいい」に変えてみよう。
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第7週
  • スケジュール帳をつけてみよう(3)
    誰に、どれだけ時間を使った?
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第8週
  • 批判をやめよう。他人も、そして何より自分の批判を!
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第9週
  • 「Yes, but」コミュニケーションに気づこう/「Yes, and」コミュニケーションに変えよう。
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第10週
  • 「i-message」の練習をしよう。
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第11週
  • 「出さない手紙」を書こう。
    手放そう/新しい人たちを探しに出かけよう!
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第12週
  • 振り返ろう、自分を褒めよう。PAY FORWARD をまとめよう。

  • 1.

    「コース0」をお受けいただかなくとも、「コース1/STEP.1」をお受けいただくことが可能です。
    また「コース2」に進まず、「コース1」だけをお受けいただくこともできます。
  • 2.

    「コース1」が完了した段階で、必要なサポートに回られた方がよい方、ならびに「ONSA WORKSHOP(対面式)」を受講された方がよい方に、お知らせを申し上げる場合がございます。

    また「コース2」よりも先に、必要なケアーを受けられた方がよいと思われます方にも、フィードバックを申し上げる場合がございます。


おすすめのご参加タイミングと、ご参加期間中のアドバイス

1回目/1周回目でご受講される方へ |

| 大まかな方向性

難しいことを考えず、楽しんで、ご参加になってみてください。
12週が過ぎる頃には、さまざまなことが調整され、時間の風通しがよくなっていることと思います。

2回目/2周回目でご受講される方へ |

| 大まかな方向性

「何をするにも、まずは、基礎の時間習慣が重要」
その関連性に、深く気づかれてきたことと思います。
| 心がけると励みになること

課題を通じて、1回目よりも意識的に、スケジュール帳を使ってみてください。

3回目/3周回目でご受講される方へ |

| 大まかな方向性

「コース1」で扱っている内容は、健康で充実した人生を送るための、基礎的なライフスキル(生きる技術)です。
肌感覚として身につくまで、何度でも、お越しください。
| 心がけると励みになること

手帳を通じて、時間とつきあうことが大好きになってきたら、ライフスキルが身についてきた証。
過去の「じかんのきろく」等を見ながら、変化を意識してみてください。

他コース・他サポートと一緒にご受講される方へ |

| 大まかな方向性

いわゆる「共依存」等のお悩みがなくとも、時間管理は、すべての方にとって、人生の基本。
就職活動中で、時間意識を身につけたい。
入社3年目で、忙しくなってきた。
かなえたい夢がある……。
でも、時間を使うのがへた、手帳は真っ白。
そんな方は、ご自身の目的に合わせて、当コースをご活用ください。

いわゆる「共依存」状態を健全に自覚され、回復作業中の方へ |

| 大まかな方向性

いわゆる「共依存」問題と「時間」は、密接な関係にあります。
他人に明け渡している時間が、多ければ多いほど、巻き込まれている度合いが、高いことをさします。

手帳をつけてみれば、その度合いが、具体的にわかります。
具体的にわかることは、解決のための、大きな一歩目となります。
| 心がけると励みになること

時間という「回復の原資」を、自分の手に取り戻すこと。
回復作業の、一歩目です。
焦らず、ていねいに。楽しみながら、取り組んでゆきます。





TO TOP