1st STEP |「時間のためのちいさなワークショップ」- わたしの時間を守る。

ONSA WORKSHOP(対面式) 各コースご案内
1st STEP |「時間のためのちいさなワークショップ」- わたしの時間を守る。


| 私の時間 = 私の人生。
まいにちの時間がめちゃめちゃになっている方は、時間習慣をととのえるコースからスタートです

毎日、バタバタと時間が過ぎてゆき、気がつけば週末になっている。
人生に意味のあることを、している感じがしない。
言葉に直すなら、あっちからこっちへと、人生の時間を移動しているだけ。

私の人生、このまま、こうやって終わってゆくのかな……。
夢も、憧れていることも、あったはずなのに。


本コースは、こんな想いでぐるぐるされているあなたに、ご参加をおすすめするコース。

人生を立て直すなら、時間習慣から。
人生を「立て直す」作戦タイムを作ることから、まずはスタートです。


あなたが、勇敢に過去を生き抜いてきたことは、あなた自身がよくご存知です。だからこそ、そんな自分を否定することは、とてもしんどいこと。

自分を責める代わりに、今度はあなたご自身が、自分らしい人生を、自分にプレゼントしてあげることができます。
自分の手で、いつからでも。

ONSA WORKSHOP が、お手伝いします。

| 実際に、ご参加された皆さまのご感想

鳥アイコン| PAY FORWARD(ご参加者のご感想)

- ワークショップ・クラスで気づいたことは、私だけの純粋な時間が、自分で思っていた以上に少ないということ。
少ないことは分かっていたけれど、きちんと計算してみると、本当にこんなにもないんだということに衝撃を受けました。

- 一番よかったのが、
「現実的な一歩」がどういうものか、わかったところです。

- 時間に、すでに小さな変化が起きています。
手帳を開くと、自分が書き込んだ予定が「キラッ!」と光って見えたのです。




| 本コースが、あなたのためにできること


1 |
「私の時間は、私が大切にする!」
本コースへのご参加は、そんな決意表明


もし、スケジュール帳が「まっしろ」なら。
わけのわからないうちに、日々の時間が過ぎてゆく。そんな状態にあるなら……。

「なんとなく」「そのうち」「何かのはずみ」
そんなふうに、時間がうまく使えるようになる日が、来そうでしょうか。
「いつか」「いつかいつか」と言っているうちに、どれほどの時間が過ぎたことでしょう。

スケジュールを立てる = 「あなた」の人生を設計する


「スケジュール帳を、使えるようになること」
それは、あなたの人生を、積極的に設計することです。


無計画の・ゆきあたりばったりの・周りに振り回された・自分の手元には何も残らない……そんな「まっしろの時間」から、あなたの人生を救い出す。
それが、あなたがいちばん最初に、すべき決意です。



2 |
まずは、基礎をととのえる
『夢をかなえる人の手帳』を使った、徹底的な時間の見直し


本コースでは、『夢をかなえる人の手帳』を使い、基本の時間術を、徹底的に見直します。

あなたの理想の時間と、現実の時間には、どれほどのギャップがあるのか。
手帳を使うことで、現実的な資源(=時間)が確かめられます。
その上で、あなたが「心地よい」ペースが過ごせるよう、手帳の力を借りて、スケジュールを調整してゆきます。

まずは、時間の整理整頓。


「理想の」「むちゃくちゃな」「超人のような」スケジュール感覚ではなく、現実的な一歩からスタート。
現実的な進めかたのほうが、現実的に、何かが「できる」ようになるからです。


目のまえの資源……「時間」を、整理整頓。
自分の時間と、本気で仲直りです。




3 |
「それは、本当にしたいことですか?」
『夢をかなえる人の手帳』をきっかけに、本音を整理する


ごちゃごちゃのスケジュール、ごちゃごちゃの考え。
誰かの意見、誰かの「こうすべき」。

誰かの理想と、現実の予定が投げ込まれた時間は、カオス(混沌)。
そんなものとは向き合いたくもないので、スケジュール帳は無視。
ページは、いつしか、まっしろに……。

本音……心の整理整頓を、集中できる場所で


さまざまな雑音に囲まれた、日々の時間の中。
そんな環境では、自分の本音の声を聞くことも、難しい。

でも、あなたご自身の本音が分からないと、時間に優先順位をつけようがありません。


本ワークショップでは、「場」の力を借りて、集中できる環境を作ります。
その上で、「あなたが本当に望むこと」……あなたの本音に近づいてみます。


「いつか」ではなく「今」、一歩をふみだす = あなたの時間が変わる!

4 |
チェアワーク(ボディワーク)の併用で、「今」に戻る身体づくり・意識づくり


「過去の後悔」(過去)
「未来の心配」(未来)
あるいは、
「誰かの過去の批判」(過去)
「誰かに批判されないかと、おびえていること」(未来)
過去と未来の時間の往復に、どれぐらいの時間をついやしていますか?

私たちはしょっちゅう、過去や未来のことばかりぐるぐる考え、「今」にいません。
一方で、私たちが生きられる時間は、「今」だけ。

「過去」の時間の中には、未来はない


「今」という時間に意識がいないのは、致命的なことです。
「今」が常に、「過去の焼き直し」になるなら……。
あなたは自動的に毎瞬、「過去」の繰り返しを生きてしまいます。


「過去」が、「今」も繰り返しコピーされて、続いてゆくような時間。
それでは、過去の失敗や後悔の中から、永遠に出ることができません。

「チェアワーク」で、時間を「今ここ」にもどす


本ワークショップでは、「チェアワーク」という身体の技法を練習します。
「チェアワーク」は、身体のほんらいの仕組みを使って、意識を強制的に「今」に戻すことのできるボディワーク。


身体の力を借りることで、「過去の後悔」や「(過去の失敗にもとづいた)未来の心配」のぐるぐる状態から、自由になります。
その上で、過去から自由になった「今ここ」の状態から、考えを立て直してゆきます。


「チェアワーク」は、あなたの日常に、おもちかえり可能な技法


「チェアワーク」は、とても簡単。
それなのに、ものごとを感じたり、考えたりする感覚が、劇的に変わるボディワーク。
ワークショップ後の日常の時間でも、簡単に行っていただけます。


いちばんうまくゆく、ご参加のタイミング |
本コースは、こんなタイミングでの参加がおすすめ

時間が大混乱だったら、まずは受けてみて

| 大まかな方向性
ものごとを変えてゆくには、それを実際に「行う」ための時間が、絶対に必要。

このままではまずいのに、なにから手をつけてよいのか分からない。
そんな方は、本ワークショップからスタートしてみてください。
| 心がけると励みになること
さまざまなことが、なぜうまくゆかないのか。
実際にワークを重ねてゆくことで、問題点がはっきりしてきます。
学ぶことで、「できない!」を「できる」に変えられますから、心をやわらかく、素直に進めてみます。

新しい生き方を選びたくなったら、このコースを

| 大まかな方向性
スケジュールを立てる = 「わたし」の人生設計をすること。

共依存からの「回復」のプロセスにある方は、新しい人生設計をしたくなったら、いつでも本コースからお取り組みいただくことができます。





TO TOP