『夢をかなえる人の手帳2019』(red, blue)

BOOKS 出版書籍一覧 - 時間を旅する 『夢かな手帳』シリーズ
『夢をかなえる人の手帳2019』(red, blue)


『夢をかなえる人の手帳2019』(red)
『夢をかなえる人の手帳2019』(red)
発売日:2018年9月
出版社:Discover
価格:1,500円(税別)
『夢をかなえる人の手帳2018』(blue)
『夢をかなえる人の手帳2019』(blue)
発売日:2018年9月
出版社:Discover
価格:1,500円(税別)

私の時間を、私と生きる
『夢をかなえる人の手帳2019』

『夢かな手帳』は、おかげさまで、シリーズ発行17年目を迎えました。

17年目の『夢かな手帳2019』も、エッセイ部分を、フレッシュに書き下ろしています。
はじめて出会うあなたにも、毎年愛用しているリピーターのあなたにも。
そして、「他の手帳も使ってみたけど、やっぱり『夢かな手帳』に戻ろうかな」と思っているあなたにも……。
2019年版オリジナルのエッセイとともに、今年も、『夢かな手帳』をお届けします。

赤い表紙(red)も青い表紙(blue)も、本文内容は同じ。
スケジュール帳部分は、2018年11月から2019年10月まで(メモ感覚のスケジューラーは12月まで)使用できます。


『夢かな手帳2018』(red/赤表示バージョンです)

『夢をかなえる人の手帳2018』(red)まいにちリスト・画像
まいにちリスト/Weekly
『夢をかなえる人の手帳2018』(red)月リスト・画像
月リスト/Monthly

『夢かな手帳2018』(blue/青表示バージョンです)

『夢をかなえる人の手帳2018』(blue)まいにちリスト・画像
まいにちリスト/Weekly
『夢をかなえる人の手帳2018』(blue)月リスト・画像
月リスト/Monthly

もくじ

  1. 『夢をかなえる人の手帳2019』もくじ
    • 「12年カレンダー」2019-2030
    • 「年間表」
    • 「年間カレンダー」
    • 「ワクワクリスト」
    • 「ライフサークル」
    • 「BE – DO – HAVE の表」


    • 1年をスタートしよう
    • 秘密のコラム1
    • 手で、心と会話する
    • 秘密のコラム2
    • 1年をセッティングしよう
    • 秘密のコラム3
    • まとめ:1年の WORK
  2. 11月, 12月 | 時間のテーマ[ phase-01 ]
    「夢を洗い出してみる」
    • WORK:試してみよう
    • WORKの結果:発見があったら、書いておこう
  3. 1月, 2月 | 時間のテーマ[ phase-02 ]
    「夢を整理して、リスト化してみる」
    • WORK:試してみよう
    • WORKの結果:発見があったら、書いておこう
  4. 3月, 4月 | 時間のテーマ[ phase-03 ]
    「実現のための計画を立てる」
    • WORK:試してみよう
    • WORKの結果:発見があったら、書いておこう
  5. 5月, 6月 | 時間のテーマ[ phase-04 ]
    「1周目のチャレンジ 『行動する』」
    • WORK:試してみよう
    • WORKの結果:発見があったら、書いておこう
  6. 7月, 8月 | 時間のテーマ[ phase-05 ]
    「2周目のチャレンジ 『行動する』」
    • WORK:試してみよう
    • WORKの結果:発見があったら、書いておこう
  7. 9月, 10月 | 時間のテーマ[ phase-06 ]
    「成果を認める。褒める」
    • WORK:試してみよう
    • WORKの結果:発見があったら、書いておこう


著者からのメッセージ

著者おすすめのつかいかた |本アイコン

『夢をかなえる人の手帳2019』のテーマは、

「私の時間を、私と生きる」


突然ですが、あなたが、心から望んでいることは、何ですか?

心が切望していて、どうしても、あきらめられなくて……。
何度も、心によみがえってくる想いは、何でしょう。

その「夢」を、この時間の上で、現実にしませんか?
『夢かな手帳』と一緒に。



文節区切りの線


『夢かな手帳』を17年間書き続けて、著者が、強く思うこと。
それは、こんなことです。

「願いは、かなう」


そして、その願い……「夢」は、「今ここ」日常の時間と、深く関係しています。

「今ここ」という時間は、奇跡です。
「今」という時間を捨てたら、日常には、何も残らないほどに。



文節区切りの線


こんな言葉を、ご紹介します。


- 長い階段をのぼる時、
その階段のすべてが見えていなくても
良いのです。

大切なのは目の前にある
一段をのぼることです。

(マーティン・ルーサー・キング・ジュニア)


– 成し遂げようと決めた志を、
たった一度の敗北によって
捨ててはいけない。

(ウィリアム・シェイクスピア)



文節区切りの線


何度迷っても、転んでも。
その願い……あなたの「夢」を、翌年に繰り越したりしません。

動く時は「今」です。


時間のパワーがぎゅっと詰まった、『夢かな手帳2019』。

2019年度も、「今ここ」の時間を、情熱をもって歩きませんか?
『夢かな手帳』と、一緒に。






TO TOP