日々是好日 | 一歩ずつ、人生が安全になってゆく嬉しさよ

「時間」と「心」が活動テーマ、文筆業・藤沢優月です。


先週末は、ワークショップ等が行われました。

ご参加「お仲間さん」。
心から、おつかれさまです。


がんばりに、ひとこと、メッセージを送らせてください。
あなたの努力と勇気、何より存在に、敬意を。

文節区切りの線


「何を『当たりまえ』な」と言うかもしれませんが、「当たりまえ」って、とても重要。

当たりまえですが、あなたの人生に責任を持てるのは、あなたご自身だけ。


ONSA にご縁をいただく皆さまは、素敵な方ばかりです。
そして、ご苦労をされてきた方ばかり。

心の優しさは、刻んできた、苦労の歴史が紡ぎ出しました。
そこには、他者を、自分より尊重してきた、優しさの歴史があります。



そして、すごく悔しいのは、ここ。
その苦労で、人生が、相殺にならない。


苦労と引き換えに、幸せが約束されたりしたら、本当に幸いです。
ですが、それは物語の中にだけ起こることであって、現実はといえば、自分でなんとかしないといけない。

「自分で、自分を支え、理解し、幸せにしてゆく」
この重責は、自分以外の誰にも、担えないから。






だからこそ、嬉しいのです。
あなたの時間が、今度は確実に、あなたの幸せを紡ぎ出してゆくことが。



向き合う勇気も要ります。
勉強や、行動の勇気も、必要。

それが、ゆっくりと実を結び、今度は、あなたに所属する豊かさになってゆく。
似た体験をした者として、そのことが、とても嬉しいです。



進みは、「三歩進んで、二歩下がる」。
あるいは、日々、1つずつ煉瓦ブロックを敷いてゆく感じ。

もどかしくもありますが、一歩ずつ、道を作ってゆきましょうね。

おつかれさまでした。
心からの敬意を、贈らせてください。