Stage 2 | 身体のワークショップ

| 「身体ガチガチ = 心ガチガチ」

身体が刻々発している、「身体のサイン」を理解することで、
自分自身と、仲直りしてゆきます。

| ONSA WORKSHOP(対面式)
身体のワークショップ

[テーマ]
「身体」に関する基礎知識を、心理学・脳科学・ボディーワークの3点から、実践的に理解してゆきます。
[効果]
「身体」に関する基礎的な知識、ボディワーク、「身体のサイン」の読み方を理解します。すると “等身大” つまり心身に無理のない選択が、できるようになります。
画像

| PAY FORWARD(ご参加者のご感想)


帰り道にふと、「自分が好きだなあ」という感覚がぶわーっと湧いてきました。
今のままの私で、じゅうぶん自分のことを好きになれるんですね。
やろうと思っても、一歩が踏み出せない。
やろうと思うと、こわくなる。
やろうと思うと、他のことに手を出してしまう。
そんな私を、私は、ずっと見守っていてくれたんだ。
心が軽いし、今まで頑張っていた自分を本当に誇りに思います。

「身体のサイン」についての、基本的な知識理解

身体は、現実的判断を行うための、サインの宝庫

身体は、いつでも誠実です。
ワクワクすることには「ワクワク!」と反応し、進みたい方角を指してくれます。

疲れた時には「ぐったり」と知らせてくれ、物理的な活動の限界値がきたことを、知らせてくれます。

傷ついた時には、痛みをおぼえます。
癒される必要がある部分が、どこなのかも、明確に知らせてくれています。

苦手な人の前では、こわばります。
いっけん惹かれる……でも、つきあってはいけない人たちのことも、正直に知らせてくれます。



「身体のサイン」は、”もうひとつの言語”

身体は、「YES/NO」サインの宝庫。
それは、言葉による言語とは異なる、”もうひとつの言語” と言えます。

そのため、この言語……「身体のサイン」に習熟していれば、人生の方向を、大きく誤りません。

これが、「身体のサイン」を習得する、大きな利点です。



「いやだ」「避けたい」「もう無理」……。
症状をつうじて、身体はたくさんの、そして、明確な自己主張をしています。

この言語を学ぶことは、あなたの人生を、文字通りの安全環境に導いてくれます。


「ミラーワーク」- 自分と仲直りするワーク

「ミラーワーク」で、ありのままの自分と向き合う

自分と仲直りするための、シンプルなワーク。
それが、アメリカのセラピスト・作家のルイーズ・ヘイが推奨する、「ミラーワーク」。



不思議なことが、起こります。
自分が「大嫌い」だった方が、なぜか、自分が「大好き」に。

「ミラーワーク」は、手鏡(ミラー)を使った、単純なワークです。
ですが、非常に多くの方が、ずっと冷戦状態だった自分自身と、次々に仲直りしてゆきます。



チェアワーク(ボディワーク)で、「今」の時間にもどる習慣づくり

「過去」の時間の中に、未来はない

「今」という時間に、その主役である「あなた」がいないのは、残念なことです。

なぜなら、「今」が常に、「過去の記憶の焼き直し」になるなら......。
自動的に、毎瞬、「過去」の繰り返しを生きることになるからです


-

「過去」の苦々しい記憶や失敗が、「今」この瞬間も、繰り返しコピーされて、経験されてゆくような時間。

この状態では、過去の失敗や、後悔の記憶の中から、永遠に出ることができない。
つまり、人生コースを前向きなものに変えることが、できなくなってしまいます。


「チェアワーク」で、時間を「今ここ」にもどす

「『今ここ』の時間に、『あなた』がいない」問題に、対処するために......。

「チェアワーク」という身体の技法を、徹底的に練習します。
「チェアワーク」は、身体本来の仕組みを使って、強制的に「今」に戻ることのできるボディワーク。


-

身体の力を借りることで、以下の連鎖から、自由になれます。

「過去の後悔」
「(過去の失敗にもとづいた)未来の心配」


この連鎖から自由になれたら、楽になると思いませんか?
自由になれれば、「今ここ」の状態から、時間を立て直してゆけます。


年度テーマのご案内
[設定のあるコースに限る]

偶数年 | 年度テーマ
“身体のサイン” を学び、過去の自分と仲直りする
奇数年 | 年度テーマ
“身体のサイン” を学び、日々の繰り返し・ぐるぐるパターンを脱する
画像

| ONSA WORKSHOP は「回復者」が「主催者」のワークショップ

ONSA WORKSHOP は、「元・体験者」「回復者」が主催しているワークショップ。
いわゆる「機能不全家族問題」「共依存」のテーマから、実際に回復(リカバー)した者が主催する、実践的な内容。
すでに、長い開催歴があります。

詳しい来歴は、「私たちの想い | 運営者情報」でもお読みいただけます。