もうすぐ、いつもの日常がスタート。二度と戻らない、かけがえのない時間の連続です

こんばんは、藤沢優月です。

どんな年末年始をお過ごしでしたか?
お休みだった方は、少しは、自分の時間が取れたでしょうか。

お仕事だった方は、本当に、おつかれさまでした。
連休が終わったら、やっと、自分の時間が取れる感じになりますか?

文節区切りの線


年末年始という、いつもと違うリズムの時は、いろいろなことが起こる時。

嬉しい驚きになるような、楽しいこと。
あるいは逆に、混乱するようなこと……。

さまざまな感情に、さらされる。
思うところだって、きっとある。

そして、それがきっと、生きているということ。
この時間を、日々、全身で生きている証です。


連休があけたら、ふたたび、普通の日々の連続。
そんな日々を、迷ったりためらったり、全力で生きたりしながら、また一緒にゆきましょう。

2020年も、一瞬ごとの時を、大切に愛おしんで生きる。
そんな時を、あなたと分かち合えたら、嬉しいです。



あらためまして、2020年も、よろしくお願いいたします。
もうすぐ、ふたたびお会いしましょうね!