「おうちにいます」 次のバトンは、私たちが。幸せまで、自粛しないようにしよう

こんにちは
「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。

東京では、満開の桜の上に、雪ですね。
どんな日曜日をお過ごしですか?

文節区切りの線


私はといえば、昨日は、家の大掃除でした!
すっきり! (´∇`)

そして今日は、頭の中の大掃除。
人生計画や、仕事計画の、大掃除でもあります。……あってよかった (′ェ`)ゝ


外に出られないなら、出られないで、することが山ほど。
そんな中、素敵な取り組みが、世界の各地ではじまっていますよ。


というわけで、シェアさせてください。


まずは、「閉じこもり生活」の先輩からの、アドバイス。
すごい納得感です。
体験者の発言は、やはり、重みが違う。


目的を作ること。前向きで、新しいことをはじめること。
よい習慣を持つこと……。


ためになる、具体的なアドバイスですよね。


そして、こんな素敵な取り組みも。

疲れ切った医療従事者の方々に、栄養たっぷり、おいしいお食事をふるまうシェフたち。


かっこいい!
そして、おいしそう (´∇`)

自分のできることに、誇りを持って、共に困難を乗り越えている。

素敵です。


文節区切りの線


ちょっと注意なのが、これです。

本ブログを訪問くださっている学生さんたちは、こういうことは、しない層ですね。
だから、ここで書いても、意味がないのですが……。

この行為で、イタリアはたちまち、ウイルスだらけになっちゃいましたね。
結果、信じられない数の高齢者が、犠牲になっています。


「封鎖先輩」の記事にも、書いてあります。


まさに、この行為で、イタリア全土にウイルス拡散。
その通りのことが、今まさに、日本でも起こっていますね。



だからこそ、深刻度を理解している人たちが、きちんと自重。
つられて、外出しないようにしましょうよ。



文節区切りの線


なぜなら……。

ここにも、予言されています。
震災が収束し、災害が収束するように、コロナ禍も、いずれ収束します。

私も、そうなると思う。
しかも、その日はそんなに、遠くないと思う。


だからこそ今、閉じこもり生活をしている私たちが、ちょっとふんばって考えるべきことは、
その後、どんな未来を描きたいの?
このこと。
そこから逆算して、今、行動しないといけないですよね。


今は、医療関係者の方々が、がんばってくれています。
そして、彼らのがんばりのバトンは、私たちが、いずれ引き継ぐ。


私たちは今、浮いておかないとね。
不安のあまり、みんなでまとまって、沈んでしまうのではなく、自分の幸せに集中して、粛々と未来を作ってゆくのです。
英気を養った私たちが、引っ張ってゆくばんが、必ず来ますから。


外出は、しばらく自粛。
でも、そのことで幸せまで、自粛しないようにしよう。

外に出られないこの時に、自分の時間を育てて、豊かにしておこう。
いずれ、バトンを引き継ぐ時期が、必ず来ますから。



それでは、また。
また、書きに来ますね。