『夢かな手帳2020』シリーズ | こんな時だからこそ、時間を見直し。「いつもどおり」が、守られています[1]

「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。
あらためまして、どんな時間をお過ごしですか?


今日は、関係者として嬉しいニュースを、いくつか。

全員が「今できること」をしながら、協力して、難局を乗り越えようとしている。
もちろん、あなたも、そのお一人ですよね。

同じ未来を見つめている、仲間です。
今日も、本当に、おつかれさまです。



困難な状況も、積み上がっている。
同時に、人ってやっぱり素晴らしいと感じる出来事も、多々起こっている。

ぜひ、ご紹介させてください。

文節区切りの線


関係者として、すごく嬉しいことから。
このような素晴らしい出版社と、長年のご縁をいただけていて、とても光栄に思っています。

一緒に働いているみんなが、とても、大好きだからこそ。もちろん、引き続き、一緒に働きたいからこそ。
英断、ありがとうございます。
みんなの命が、いちばんの宝ですから。


『夢かな手帳』シリーズの出版社・ディスカヴァーさん。
東京都の、外出制限の要請を受ける形で、完全リモートワークに移行されたとご連絡をいただきました。


何が素晴らしいかというと、理由は、いくつかあります。

もちろん、社員の命を守ることは、素晴らしいことの筆頭ですよね。

そのことで、社員の家族や友人、関係者の命が守られる。
ウイルスの移動が制限されることで、会社の周りの人たちの命が、守られる。
ひいては、医療関係者の命も、守られる。

よい連鎖になるのはもちろんですが……、こういうことも、言えませんか?


どうしたって、外に出ないといけない仕事の方って、いらっしゃいますよね。

たとえば、ガスや電気、水道の検針の方とか。
流通関係の方とか。
スーパーのレジに、立ってくださっている皆さまとか。

文字どおり、「ものごとを滞りなく流す」ことがお仕事の皆さま。
この方々の身だって、守らないといけない。


それなら、外に出ないで仕事ができる人は、外に出ない。
そのことで、彼らが安全に動けるスペースを、増やす。

これも、全員が協力して、できることだと思います。

(協力して切り分けないと、「インフラ死」「経済死」してしまいますね)


文節区切りの線


消防や救急、警察や流通。
検針や、その他、生活機能の基盤を担ってくださっている方々。

こういうお立場の方々が、安心して動けるスペース、空間。
怯えることなく呼吸ができる空間が、人で埋め尽くされることなしに、安全に保たれたらいいですね。



お話は、次に続きます。
それでは、また!

新刊 & 大定番 好評発売中 |
お知らせ |
『夢をかなえる人の手帳』シリーズ公認のコンテンツやワークショップを提供しているのは、藤沢優月(著者)が主催する「ONSA」ならびに「ONSA WORKSHOP」のみとなります。
藤沢優月(著者)ならびにディスカヴァー(出版社)は、いかなる個人や団体にも、『夢かな手帳』の名を使用して活動したり、コンテンツを使用させることを公認しておりません。「夢をかなえる」「手帳」「手帳術」セミナー等の名称を使用する第三者の活動は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズとは一切の関係がございませんので、どうぞご注意ください。
本記事をまとめてご覧になりたい方のために、特設ページもございます |
- 「手帳」特設サイト内
 「ゆめかなニュース」
| 情報、こちらから受け取れます