日々是好日 | 伝えたいメッセージの芯 :あなたの時間は、あなたの命。手帳は、いわば「命の通帳」

(前の記事から、続いています)

| 以下の記事から読みはじめると、全体の流れがわかりやすいです
「日々是好日 | 伝えたいメッセージの芯 :『一緒に』は、プライスレス」



時間って、命です。
あなたの時間は、あなたの命。



画像


だから、こんなことが起こる。

日々、「今ここ」を生きることが、楽しいと感じられなければ、心がしぼんでゆく。
自分の命なんて、どうでもいいと感じて、投げやりになってしまう。



「手帳術」って、いたずらに、効率を上げるためのものではない。
あるいは、スケジュールどおりに、ものごとを「こなす」ためのものでも、ない。


あなたのスケジュール帳。

それは、いわば、あなたの命を、大切に管理するための道具。
とても重要な、愛すべき道具です。

ちょっと言い方が変ですが、
「命の、貯金通帳」
みたいなものだと思う。




だから人は、時間術にこだわるのだと、個人的に思っている。


自分の「時間」を、使うこと。
それは、この人生でたったひとつしかない、自分の「命」を使うことだから。


文節区切りの線


すると、こんなことって、言えたりします。


手帳術に、さほど、こだわりのない人。

なぜ、こだわりがないか。
多分だけれど、その人たちは、「今」を生きることに、特段に疑問を抱かないから。


逆に言えば、「今を、生きられている」。
だから、手帳も手帳術も、必要としない。


……いますよね、こういう人たち。

「何をそんなに、人生を難しく考えている?」
「難しいこと考えずに、毎日楽しく、生きればいいんだよ」

愛すべき人たちです。


逆に言えば、こんなことが言えませんか?


「手帳術」にこだわりがあり、また、それを必要とする人。
その人たちは、「今」を生きるという感覚を、うまく、持てていないかもしれない。

だからこそ、「手帳術」が必要。


スケジュール帳は、いわば「命の通帳」です。
自分の命……つまり時間の具合を、目で見て、理解できる道具だから。




そうしたら、多分次は、こういうことが起こりますよね。

そしてこれが、『夢かな手帳』出版前から、私がたびたび、目で見てきたことです。
それ以上に、心でずっしりと、感じてきたこと。

私の信念の、もとになっている出来事です。


(続きます)