日々是好日 |「生きているうちに、後悔なく生きろよ」

「時間」と「心」が活動テーマ、文筆業・藤沢優月です。

1月も下旬って、びっくりします。
そんな中、ONSA(弊社)では、さまざまなプログラムが活動中。



ONSA WORKSHOP、そこから派生する勉強会。
Dream Quest WORKSHOP や、アパート(ONSA apartment. Room)も。

それぞれの「お仲間さん」が、自分の心と向き合ったり。
持ち時間と、真剣に向き合ったり。

新しくご縁をいただいた「お仲間さん」の心に、”自分活動” のちいさな火が、点る姿も。


文節区切りの線


自分の時間から、「自分」という存在を、とりのぞいてしまう。
すると、何のために生きているのか、わからなくなってしまう。


日常生活は、いろいろあり、忙しいです。
「自分」を落っことしてしまうことなんて、簡単にできる。


だから、集っています。
落っことし、忘れたことを思い出して、本気の情熱で、「自分」を生きるために。



コロナで大変なさなかですが、悪いことばかりかというと、そうも言い切れない。

誰しもが今、おそらく、学んでいること。
それは、
「他人事ではない」
「自分の命も、突然、終わってしまうかも」
ということ。

「死」ということが、とても身近な感覚ですね。


それなら、逆に言えば、こんなことになる。

「後悔しない生き方に、なっていますか?」
「もし、後悔しそうなら……。今からでも、生き方は変えられる」

死は、生を教えてくれる。
「生きているうちに、後悔なく生きろよ」と。



また、メッセージを書きにきます。
今日も、温かな1日となりますように。