ONSA WORKSHOP | 変化とは、安定が一時的に崩れること。だから、勇敢です

「時間」と「心」が活動テーマ、文筆業・藤沢優月です。

週末、ONSA WORKSHOP(対面式)夏開催の、ワークショップ・クラスが行われました。
全員で集まって、閉塞状態を突破するしくみと、方法を学びました。




「変化とは、安定が、一時的に崩れること」
あくまで、「一時的に」です。

もっとよい、健康的な安定を得ようとするために、古い安定が崩れる。
ところが、「一時的に」と分かっていても……怖いですよね。



だから、ご参加の「お仲間さん」。
全力で、クラスにチャレンジしたこと、本当に勇敢でした。

勇気に、心からの敬意をお届けしたいです。
おつかれさまでした。


文節区切りの線


「新しいルールを、手帳にメモしました」
「ひとつずつでいい。今回も、覚えてゆくぞ」
こんなご報告も、ありました。

あるいは、
「大きく書いて、壁に貼りました」
こんな方も、いらっしゃいます。





実は、私も、同じようにしています。

役に立たない、古い状況を手放す時。
望む状況や新しいルールを、何度も復唱します。

自分に言い聞かせ、細胞まで、しみこませるためです。



何度も失敗するし、気づけば、
「ああ、まただ!」
「変えたつもりで、変わっていない」
無意識の癖って、古い競技姿勢みたいに、手強いですよね。


だから、心から応援しています。

絶対に、青空が広がる瞬間がくる。
その瞬間を迎えたら、たとえ一時的に転んだとしても、チャレンジした方が、絶対にいいと理解できるから。



それでは、またメッセージを書きにきます。
心から、おつかれさまでした!

| ONSA は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズを代表作とする、文筆業・藤沢優月のオフィス。「ONSA」には、「響き合い、調和し合う」という意味が込められています。
当ブログに集ってくださる皆さまは、みな「お仲間さん」です。あなた様の大切な時間・人生のために、本記事が少しでも、役立ちますように。