ONSA WORKSHOP | ほら、もうこんなに遠くまできましたよ

「時間」と「心」が活動テーマ、文筆業・藤沢優月です。


ONSA WORKSHOP ご参加「お仲間さん」の時間が、どんどん進んでいます。
たくさんの変化が、起こっています。


「塵も積もれば山となる」とは、言ったものですが……。

ちいさな一歩を連ねて、気づけば、こんなに遠くまできましたよ。

文節区切りの線


誰しもに、起ることですが、変化の最初は、こんなふうにしてはじまります。

「自分には、向き合う必要のあることが、あるみたいだ」



こんなふうに気づいた時。
そのことが一体、どれほどの大きさを持っているのか、見当もつきません。

気持ちをごまかして、先送りにしてしまう人も、いると思う。
(でも、苦しいのですけれどね)


向き合いはじめは、いわば、「ビギナーズラック」期間。
そこを過ぎると、本質に気づいてくる。

「おっと。これは、なかなかだぞ」
と。



そこから、……ここまできましたよ。
そして、こんなことなら、確実に言えます。

「知らなくていいことなんて、なかった」
「だってこれは、自分の人生に、起っていることなのだから」


自分の人生に起っている出来事なのに、他ならぬ自分が、目をそらし、無視している。
もしそうなら、苦しくて仕方がない。

自分が、自分を見捨てている時ほど、苦しいことはないから。


だから、ここまでこられたことに、拍手です。


一歩ずつは、想像以上に、大変。
……でも、想像より案外、あっという間でしたよね。



自分だけは、自分を、見捨てない。
自分は、自分の、いちばんの味方。

だから、今日も一歩ずつ、参りましょう。



それでは、また。
また、メッセージを書きにきます。

| ONSA は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズを代表作とする、文筆業・藤沢優月のオフィス。「ONSA」には、「響き合い、調和し合う」という意味が込められています。
当ブログに集ってくださる皆さまは、みな「お仲間さん」です。あなた様の大切な時間・人生のために、本記事が少しでも、役立ちますように。