Stage 3 | お金と自立のワークショップ[偶数年開催]

画像

・「お金」と「自立」の関係について、学んでゆきます
・混乱に満ちている「お金」という概念を、「時間術」の視点で、整理してゆきます

・「時間を守ること = お金を守ること」......搾取者に気づき、時間とお金を守ります
・時間とお金が守れれば、真の意味での「自立」につながってゆきます

| ONSA WORKSHOP(対面式)
お金と自立のワークショップ

[ご参加順位・ご参加資格]
【あり】
該当コースを履修された方にご参加いただけます。該当コースに関しては、本ページ下をご覧ください


[ステージ・難易度]
Stage.3[応用]
画像
「お金と自立のワークショップ」は私にとって、「目が覚める」ワークショップでした。
自立とお金は、私の一番の味方だって、気づいた。
あんなに怖くて、一番遠くに追いやっていた、自立とお金、
それこそが、私を安全に、しっかりと守ってくれる大事なものだって、気づけた。
本当に本当に参加して良かったです。
「お金」と「自立」と「時間」がこんなにもつながっているなんて、知りませんでした。
私の中で価値観がガラッと変わりました。
お金の使い方も変わりました。
生きるための正しい知識を、きちんと教えてもらえること、
間違っていること、不健康であることを、きちんと指摘してもらえること、
そのかけがえのなさを感じた。
日常では、なかなか教えてもらうことができない。
ワークショップ・クラスで教わった方法は、とても現実的なことでした。
現実的だから、現実を生きられるのだと思いました。
ワークショップ・クラスのあと、お金と時間のために自分で決めた目標があるっていうのはしっかりしてるし、迷いがなくて気持ちが楽。
もう使ってしまったお金や時間は戻ってこないけれど、私がこれからの将来に、大きくお金を失わないためにも、今参加できてよかったです。
このクラスで正しいことを教えてもらってつかんだ “自立” は、
現実的で、地に足がついていて、
私が一歩ずつ積み重ねていくことで、できてゆくもの。
自立もお金も、ワークショップ・クラスが終わる時には怖いものではなくなり、私にとってもそれは好きなもの、味方のものになった。

「あなた」と「お金」「自立」の関係の、徹底的な棚卸し

お金に関する価値観は、一般的に言って、大混乱しています。

「量が、たくさんあればいい」
「お金がたくさんあるのは、汚い」
「『今』を、大切にしなければならない」
「将来に備えて、蓄えておかなければならない」......。



お金についての混乱は、自立についての混乱とも、つながっています。

自己肯定感が低いほど、自分の足で立つこと(=自立)は、難しそうに思えます。
あるいは、外的には立派に「自立」していても、内的には、不安でいっぱいかもしれません。


「お金習慣」と「時間習慣」は、相関しています。

私たちの大半が、時間を売ることと引き換えに、お金を得ています。
つまり、こういうことが言えます。

交換の原資である、「時間習慣」。
「時間習慣」がめちゃめちゃなら、交換手段である「お金習慣」がめちゃめちゃになるのは、当たりまえの帰結となります。



自分のために、どれだけ、お金の境界線を引けるか。
それは、自分の時間をどれだけ大切に価値づけ、時間の境界線を引けるかに、通じています。


「お金習慣」と「時間習慣」を照らし合わせます

「あなたの時間の使い方 = あなたのお金の使い方」
時間の使い方は、イコール、お金の使い方です。


「時間習慣」と「お金習慣」の、類似性に気づき、どちらも、大切に管理できるように......。
スケジュール帳を使い、時間の使い方を見てゆくことで、「お金」「自立」のパターンを、あぶり出します。


本ワークショップにおいては、「お金のため方」「投資術」といったことは、一切学びません。
そうではなく、その手前にある「お金と自立」「内側の混乱と、お金・自立の関係」を、ていねいに棚卸ししてゆきます。


ご留意 |
本コースは、ご参加順位【あり】のコースです

本コースは、ご受講に際して、土台となる知識が必要となります。
そのため、以下コースの修了を、ご参加資格とさせていただいております。


ご参加順位【あり】のコースとなりますので、お申込の際にご留意ください。


画像

| ONSA WORKSHOP は「回復者」が「主催者」のワークショップ

ONSA WORKSHOP は、「体験者」であり「回復者」が主催者のワークショップ。
その体験から、実際に回復(リカバー)した者が主催となりますため、実践的な内容が特徴です。

「その状況も気持ちも多分、"体験して" "知っている"」
詳しい来歴等は、「私たちの想い | 運営者情報」からもお読みいただけます。