Stage 3 | 前向き表現のアサーティブ・トレーニング[偶数年開催]

画像

・人と、前向きにつながりを作ってゆく時の、言葉の用法について学びます
・「なぜ」「どのような理由で」、言葉の用法を変える必要があるのか
 土台の概念の違いから、学んでゆきます

・「前向き表現」を意識して使うと、言葉遣いが、解決志向になります
・言葉と、その裏の哲学を変えるだけで、人間関係が前向きに変わってゆきます

| ONSA WORKSHOP(対面式)
前向き表現のアサーティブ・トレーニング[偶数年開催]

[ご参加順位・ご参加資格]
【あり】
該当コースを履修された方にご参加いただけます。該当コースに関しては、本ページ下をご覧ください


[ステージ・難易度]
Stage.3[応用]
画像

「闘い」から「WIN – WIN」へ、言葉の習慣を変えてゆく

「ノー」
「嫌だ」
「ダメ」


この言葉が、多用される環境に生きている場合......。
"後ろ向き" なボキャブラリーばかりが必要とされるのは、過酷な環境の中、自分自身を守るためかもしれません。
後ろ向きな言葉の使い方が、自分を守る、「刃」や「鎧」の役割を果たしているかもしれないのです。

-

言葉は哲学。言葉の習慣は、生きる姿勢の習慣です。

過去に「習った」ことが、うまくゆかないなら、習い直してもよいはず。
アサーティブ・トレーニング(自己表現練習)で、言葉の習慣を変えると、人生への見方が変わります。



・否定形を多用した言葉遣いの習慣に気づく
→ 意識・無意識のレベルで、「でも」「できない」「無理」を多用している現状に気づく

・なぜ、否定形を多用する言葉遣いが発生するのか、理屈を学ぶ
→ 原家族の「言葉遣い」を見直すことで、言葉の学習のルーツを見つめ直す

・"前向き表現" の言葉遣い・用法を学び、練習する
→ "前向き表現" の概念を学び、概念に従って、ロールプレイで練習を重ねる


PAY FORWARD |
実際にご参加になった皆さまのご感想

前向き表現とは、誰かによく思われたり好かれたりするためにするものではなく、自分の心からの気持ちを表現するものなのだと理解できました。
前向き表現は、境界線の中に入れても良い人にする表現だということを知って、それなら安心だと思いました。
私はもしかして、今まで逆のことをしてきたかもしれません。
今回のワークショップ・クラスでは、私の思っていた前向き表現が根底から覆りました。
私のしていたことは演技であって、私の心とはつながっていなかったのだと気づくことが出来ました。
今回のワークショップで、私の決断と自己表現で、現実生活を変えていくことが出来ると感じることができたのが、大きな収穫です。
ワークショップ・クラスから少し経過して、私が私の人生を決めていいんだって実感が湧いてきた。
それは、まだ始まったばかりだけど、とても清々しい気持ちにさせてくれる。
Read more.
「PAY FORWARD(ご参加者のご感想)」は、本ページ下のリンクから、さらに読むことができます。500クラス以上のご参加者様のご感想が、リストされています。

自分のニーズを満たすための、前向き表現の知識を学びます

言葉は、哲学です。
言葉のバックグラウンドにある「哲学」を、「前向き」に変えると、人生自体が変わってゆきます。


そのため本コースでは、以下の知識を、意識して訓練してゆきます。


・自分を肯定する表現
・前向きに、欲しいものを求めてゆく表現
・WIN - WIN(双方勝ち)になる表現

-

「イエス/はい」
「お願いします」
「〜よかったら、しませんか?」
前向きな言葉・表現の仕組みや、新しいライフスキル(生きる技術)を学ぶこと......。

それは、拒否したり、「ノー」と言うことだけに、エネルギーを使う選択を「やめる」こと。
代わりに、よい未来をつくる、肯定的な選択を、意識的・自覚的に見つけ、選んでゆくこと。


「たかが、言葉ひとつ」
「そして、言葉ひとつ」
言葉の選択ひとつで、ここから先に、選択してゆく現実が変わってゆきます。


ご留意 |
本コースは、ご参加順位【あり】のコースです

本コースは、ご受講に際して、土台となる知識が必要となります。
そのため、以下コースの修了を、ご参加資格とさせていただいております。


ご参加順位【あり】のコースとなりますので、お申込の際にご留意ください。


画像

| ONSA WORKSHOP は「回復者」が「主催者」のワークショップ

ONSA WORKSHOP は、「体験者」であり「回復者」が主催者のワークショップ。
実際に回復(リカバー)した者が主催であるため、現実的・実践的な内容が特徴です。

「その状況も気持ちも、"体験して" "知っている"」
詳しい略歴は、「私たちの想い | 運営者情報」からもお読みいただけます。