お話ししようよ[1]いちばん暗闇の時間は、次の明るさへ向けての、はじまりのタイミング

こんにちは
「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。


おうちにいますか?
私は、連休中も引き続き、「STAY HOME(おうちにいます)」。


連休中は、なんと8日も、時間がありますよ。
10日や12日の、連続のお休みの方も、いらっしゃるかもしれませんよね。


日ごろ、あれほど、言っているじゃないですか。
「時間がない!」
「時間がほしい!!」
と。


その「時間」がついに、やってきました。
だから、よかったら、お話しをしましょうよ。

今の不安のことや、今後の時間のこと。
暗闇は、次の明るさの、はじまりであること。
暗闇の時は、試練から学んで、次への作戦を練る時であること……。



こんなことを、一緒にお話しできたら、実りがありますよね。

私たちが「STAY HOME(おうちにいます)」していれば、そのぶん、必要な人にスペースをプレゼントすることも、できますし。

文節区切りの線

つまりは、前回の記事の中に、書いたこと。
こいつです。

おまけ[1]- 「今」「今日1日、目のまえのこと」だけ考える
おまけ[2]- 自分の未来を、真剣に考える

「これを教えろ」ということですよね。

了解です。
少しずつ、時間をかけて、一緒に分かち合いたいです。



私からは、こんなことを、分かち合うことになると思います。

「暗闇は、次の明るさの、はじまりであること」
「暗闇の時。それは、試練から学んで、次への作戦を練る時(タイミング)であること」


いちばん大事なことは、こんなこと。

「次の未来に必要なものは、すべて、あなたの中に見つかること」


ネットの情報に、不安を煽られてしまったり。ギスギスしてしまったり。
あるいは、いたずらに、恐怖でおろおろしたりするより。
一緒に、これからの時間のことを考えてゆくほうが、ずっと、現実的で、実りありますね。


……ということで、また、書きにきます。
どうぞ、素敵な夕べをお過ごしください。

| 情報、こちらから受け取れます