お話ししようよ[2]みんなひとつ。そして、お互いさま。いずれ交代打席がくる(1)

「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。

「おうちにいよう(STAY HOME)」のさいちゅうの、「お仲間さん」。
リズムが、できてきましたか?


いきなり、本題なのですけれども、たとえば、「みんなひとつ」という言葉……。
平時であれば、この価値観を、「きれいごと」などと言う人もいます。


この世は、弱肉強食、食うか食われるか。
口でいくら、きれいごとを言っても、人はみな腹の底では、違うことを考えている……と。

文節区切りの線


ですが、そうではないと思う。

ただ、非常時になると、とたんに、平時とは違うふうに、景色が見えてくる。
これは、確かだと思う。


非常時は、どんな価値観でも、くっきり見えてくる。
日ごろ、なんとなくごまかせていた数々のことに、まるで突然、強い光を当てられたみたいに。

あらゆる凹凸が、突然、くっきり見えるようになる。
これが、非常時の、特徴なのだと思う。



文節区切りの線


その証拠に、こんなことが、見えてきたりしますよね。

「私たちは、こんなにも、つながっている」
この、事実です。


いつもの、平凡な日常。忙しさや様々な理由で、自分の側で勝手に、存在を「透明」化していた……。
そんな人たちや、ものごとの存在に、実は、とてつもなく支えられていることに、ハッと気づく。


当たりまえに回っていた、ごみ収集。
スーパーに、ふつうに、モノが運ばれてくること。
病院が、まるで当然のように、あいていること。
誰かが、食事を作って、お店をあけて、待っていてくれること。その灯りが、ともっていること。


「支えられている」……もっと言えば、「お互いに支え合っている」。
この「事実」が、くっきり、見えてくる。



今は、「おうちにいよう(STAY HOME)」している私たちも、輪の一部ですよね。

そして、これは「輪」だから、いずれ、順番がくる。


その時に、打席に立てる人が、誰もいなかったら、どうする?
それでは、大きな安全が、機能しなくなってしまう。

だから今、「おうちにいよう(STAY HOME)」していること。
それは、実は、とても大事なこと。


(続きますね)

| 情報、こちらから受け取れます