お話ししようよ[3]みんなひとつ。そして、お互いさま。いずれ交代打席がくる(2)

「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。
「おうちにいよう(STAY HOME)」のお話の、続きです。

文節区切りの線


時間軸が、突然飛びますが、私、学生の頃、家族を亡くしました。
たったひと晩で起こった、突然のことでした。

その時、たくさんの人に、助けてもらいました。


突然、家にわーっと、たくさんの大人がやってきた。
亡くなった父の、同僚の皆さまです。

家族はもう、どうしていいか、わからない。
気持ちの問題以前に、死亡証明書とか、火葬の証明書とか……。今まで見たことのなかった世界と、次々に、接してゆくわけです。
それはもう、すごい速度で。


文節区切りの線


そんな中、忘れもしない、通夜の夜の、遅く。
大勢のおじさんたちが、居間に集まって、香典袋の記帳をしている時です。

なきがらの、見守りのじゅんばんが、他の身内に、交代になった。
つかのま、自由になった私は、おじさんたちに近づいてみます。

「何か、手伝えることはありますか?」


だって、突然死んだのは、私の父です。
しかも、現役で亡くなったため、職場にかけている迷惑も、大きいはず。
本来であれば、私たち家族が、何もかもを、しなければならない立場のはず。


すると、うち一人のおじさんが、優しい目で言います。

「今は、休んでおいてください」
「こっちは、今は、僕たちの『役目』」
「あなたは今、休める時に、休んでおく『役目』ですよ」


文節区切りの線


あの時、人生でもっとも大切なことのひとつを、教わった気がします。

全員が、いちどきに倒れてしまったら、大きな意味での安全が、機能しなくなってしまう。
だから、交代で休んでおく。
いずれ、自分の打席も、必ずやってくるから。



ひるがえって、今。
今は、「おうちにいられない」お仕事の方々が、がんばってくれています。

そして、いずれ、交代がくる。

その時が、「おうちにいよう(STAY HOME)」をしている私たちの、出番です。
だから、今は、準備をする時。


力や知識を、蓄えておく時。
自分の人生を、整理整頓して、次への戦略を練っておく時。


いずれやってくる、自分の打席。
でも、準備ができていなかったら、バットに球をかすることも、できなくなってしまう。


だから、一緒に、準備をしましょう。
また、書きにきますね。

| 情報、こちらから受け取れます