『夢かな手帳2020』シリーズ | 「夢をかなえる」チャレンジ、いよいよ最後の回です

おはようございます。
「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。

『夢かな手帳2020』の、「夢をかなえる」チャレンジ。
7回目です。
いよいよ、最終回です。



画像
| わー! 最終回!


最終回が、こんなに重大な局面を、迎えているとは……。
チャレンジスタートの時には、想像も、していませんでしたよね。


そして、チャレンジをスタートしておいて、本当に、よかったですよね。
なぜなら、忙しい日常の中です。

機会を、まったく持っていなかった「7ヶ月間」と、ちょっとでも、考え続けた「7ヶ月間」。

この、2種類の、時間の重み
今となっては、まったく異なるものに、なっている。



そんな、7回分の、時間の重み。
まずは、振り返ってみましょうか。

「夢をかなえる」チャレンジは、こんな歴史、をたどってきました。

[1]- 11月
『夢かな手帳』に、予定を「書く」。

[2]- 12月のチャレンジテーマ
勇気を出す。
「ダメ」を、打ち破る。


[3]- 1月のチャレンジテーマ
『夢かな手帳』の「ワクワクリスト」に、夢を本気で書く。
書くことを通じて、自分の世界に、自分の夢を宣言する。


[4]- 2月のチャレンジテーマ
小さな親切をする。
この世界に、「先払い」をする。


[5]- 3月のチャレンジテーマ
「受け取る」アンテナを、立てる。

[6]- 4月のチャレンジテーマ
この世界に、心をひらく。
恐れを乗り越える。


[7]- 5月のチャレンジテーマ
『夢かな手帳』をめくってみる。
どんな小さなことでもいい。かなったことを、認める。


ひとつずつは、小さいことに見える。

でも、ちいさな習慣が、日常の中に存在すること。
すると、ただダラダラと過ぎてゆく1ヶ月には、ならない。



それでは、いよいよ、最後のチャレンジです。

次の記事と、その後に配信される、「『夢かな手帳』公式メールマガジン」。
このふたつを使って、一緒に試してみましょう。


お知らせ |
『夢をかなえる人の手帳』シリーズ公認のコンテンツやワークショップを提供しているのは、藤沢優月(著者)が主催する「ONSA」ならびに「Dream Quest WORKSHOP」「ONSA WORKSHOP」のみとなります。
藤沢優月(著者)ならびにディスカヴァー(出版社)は、いかなる個人や団体にも、『夢かな手帳』の名を使用して活動したり、コンテンツを使用させることを公認しておりません。「夢をかなえる」「手帳」「手帳術」セミナー等の名称を使用する第三者の活動は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズとは一切の関係がございませんので、ご留意ご了承くださいませ。