お身体第一に、温かくしてお過ごしくださいね

「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。

大雨が、降り続いていますね。


『夢かな手帳』はじめ書籍や、ワークショップ。仕事を通じていただくご縁は、とても広く、本当にありがたいことに、日本全国に広がっています。

そんな中、あちこちで大雨のニュース。

絶対に、読者やご縁の方も、いらっしゃると思っています。
現場で救助に当たっている方や、医療関係者の皆さま。ご縁の方がいらっしゃること、多分知っています。


文節区切りの線


かける言葉が見つからないのですが、……とはいえ、言葉をかけないことができない。
うまい言葉でないことを、お許しください。


うまく言えないのですが、お身体第一に、温かくしてお過ごしくださいね。
私の周りも、みんな、とても心配しています。



ご家族や、親戚縁者。
学友や友だち、仕事先のご縁。
あるいは、かの地に旅行して、その地を愛している人……。

みな、それぞれの思い入れがあり、とても心配していると思います。
もちろん、私もその一人です。


だから今は、自分のことだけ考えて、まずは身体を温かくして、少しでも休めますように。
無理をし過ぎずに、大事にしていただけますように。



文節区切りの線


個人的なことを言えば、……。少し話がずれてしまうかもしれませんが、納税が好きです。

日本は、このとおり、災害大国。
毎年、大きな災害があり、たくさんの人たちが、傷ついています。

見るたび、心が痛み、なんとかできたらと思う。
でも、映画みたいなスーパーマン的なことは起こらず、世界を一気には、救えない。

だからといって、「100できなければ、0」みたいに、無関心になるというのも、すごく違うと思う。だからの、納税です。


税金の内訳には、災害系のくくりがあって、特別徴収になることもあります。
それで、道路や住宅を作ってもらえるのなら、喜んで。

無駄な使い方は、極力控えていただいて、自分の懐に入るような使い方も、断固として避けてほしい。
(税金は私物ではなく、公共物ですから)
被災した方々の力になるよう、届けてほしい。
いくら綺麗事を言っても、財源がなかったら、暮らしを立て直せないです。


文節区切りの線


そして……。今は、こういうことは、私たちが考える番。
あなたは今は、ゆっくり大事になさってくださいね。

うまく伝わっているかわかりませんが、とにかく、お身体を大事に。
温かくして、安全第一で過ごせますように。