ほんとうに大切なものだけ、残ってゆく。そんな時間が、はじまっています

「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。

それぞれの方が、それぞれの方法で……。
本当に大変な時間の、大きな第一波を、一緒に乗り切りましたね。


その時間はおそらく、いまだ、余波を引きずっているでしょう。

おそらく、また、渦中です。

それでも、梅雨のあいまの空は、とても綺麗で、夏がそこまで近づいている色。
大きな、息継ぎの時間ですね。

文節区切りの線


素敵な記事が、上がっていました。
ご紹介させてください。




私たちが感じている、さまざまなこと。
それを全て、細やかに代弁してくれているような、洗われるような記事でした。

中でも、これらのフレーズは、心にしみこんできます。

軌道修正するには
あまりにも時間と労力を要することを理由に、
問題と真正面から向き合うことをせずに
先送りにしていたのです。

「以前のような働き方には戻りたくない」
「こんなパートナーとは付き合いきれない」
などといった感慨は、
「何を守るために、誰と、どう生きるのか」
という大きな問題の枝葉でしかありません。


人生の時間は、本当は、すごく一瞬です。
延々と続くように思えても、それは実は、錯覚。

「本気で生きよう」と思ったら、時間は、瞬(またた)く間の量しか、ありません。


そして、危機自体は、負であり試練です。
でも、危機の時ほど、大切な価値だけが、くっきりと残ります。

もっと言えば、大切な価値を、くっきりと問われます。


危機で、あればあるほど……。
あなたにとって、いちばん大切な価値しか、あなたの人生に、残れないのです。



それでは、また。
また、メッセージを書きにきますね。