DQ-02 |「基本の手帳術」”まずは、やってみる”「チャレンジのきろく」ご紹介

こんにちは、ONSA です。
過日クラス終了の Dream Quest WORKSHOP、チャレンジのきろく」をご紹介させてください。



ご参加「お仲間さん」の皆さま、本当におつかれさまでした。

ぎゅっと濃縮された、集中の時。
そんな時間の中からやってきた、気づきに満ちたメッセージを、お届けいたします。


画像
手帳に書く時間は現実的でOKということが今まで全然わかってなかった。

立派な自分でないと手帳の上でさえ存在してはいけない。
そんな気持ちがあったからたびたび白紙のページになっていたのだと思う。
自分の身体感覚、「このぐらいがいい」にあわせて、時間の線を引く。

「ここからはもうプライベートでいいんだ」
「ここからは休んでいい」

身体感覚にもとづいて引く線は、心地いいと私は思った。
ほっとする。
私はまず、手帳で私の自己主張をするんだ。
そもそも、それをしなくちゃ、何も始まらない。

失敗してもうまくいってもいい。
とにかくやって、どうだったかを現実の手応えで知る。
それが新しい「私を知る」のピースになっていくんだ。


\ CLICK! / and read more.



「お仲間さん」の輝きは、少し未来の、あなたの姿かもしれません。
気になったらぜひ、ワークショップの扉を、ノックしてみてくださいね。


そして、これをお読みの、すべての方の時間が、素晴らしいものとなりますように。
すべての人生が、温かなものとなりますようにと、お祈りいたします。

ONSA

お知らせ |
『夢をかなえる人の手帳』シリーズ公認のコンテンツやワークショップを提供しているのは、藤沢優月(著者)が主催する「ONSA」ならびに「Dream Quest WORKSHOP」「ONSA WORKSHOP」のみとなります。
藤沢優月(著者)ならびにディスカヴァー(出版社)は、いかなる個人や団体にも、『夢かな手帳』の名を使用して活動したり、コンテンツを使用させることを公認しておりません。「夢をかなえる」「手帳」「手帳術」セミナー等の名称を使用する第三者の活動は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズとは一切の関係がございませんので、ご留意ご了承くださいませ。