DQ-03 |「時間の『つけかえ(盗難)』対策」”練習してものにする”「チャレンジのきろく」ご紹介

画像

こんにちは、ONSA です。
過日クラス終了の Dream Quest WORKSHOP、チャレンジのきろく」をご紹介させてください。


ご参加「お仲間さん」の皆さま、本当におつかれさまでした。
気づきに満ちたメッセージを、お届けいたします。



画像 画像

私は新しいことに挑戦するのを諦めていました。
不安や恐怖よりもどうしていいかわからないまま立ち止まっていました。

日々つまらなく、一体何をしているのか無力感でいっぱいな気持ち。
そんな風に感じるのは自分の世界がどんどん狭くなっているからとだったとは気付きませんでした。
気が付いたのは、時間泥棒は決して他人だけではなく、自分もだなと思った。

自分も、気が付くと「あと、ちょっと」とか言い訳して、自分の活動時間を超えるし、疲れてるのに、スルーするし。そりゃぁ、自分から信頼をしてもらえないよなって思った。
私は自分の道を歩いていける足があるんだってやっとわかったところ。
これから自分の道を一歩ずつ選んで歩いていくところ。

道に迷うこともあるだろうし、険しい方に行ってしまうこともあるだろう。
きっとある。
でも、いい意味での大変さを体験できるなあって思っている。

「チャレンジのきろく」を読む >>

重ねまして、「お仲間さん」の皆さま、心からおつかれさまでした。

また、「お仲間さん」の言葉が気になる方は、ワークショップでお待ちしています。

これをお読みの、あなた様の時間もまた、素晴らしいものとなりますように。
心から、お祈りいたします。

ONSA