みんな違う。できる人が、今できることを、すればいいよね

「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。

すみません。
今日は話の流れ上、いつもなら話さないことから、スタートさせてください。


文節区切りの線


ゴールデンウィーク最後の日に、自宅至近の夜間救急に、匿名で、甘いものを差し入れてきました。

「連休の当番、ほんとうに、おつかれさまです」
「こんな時も、いつも、ありがとう」

こんな気持ちを込めて。

とはいえ、救急ですから、重篤な方もいらっしゃるかもしれない。
私は施設には入れないので、ガードマンのおじさんに託します。


ここは、いつものウォーキングコース。
夜間ですから、救急とはいえ、誘導員もそこそこ暇。

「がんばるねー!」
私が周回してくるたびに、おじさんも、声をかけてくれる。
そんな、ガードマンのおじさんに、感謝と甘味を託してきました。


近所の救急に、差し入れたつもりでもあり。同時に、気持ちは、全国の、同じ立場の皆さまに。
重ねて、弊社のお客様の中にも、現場に立っている方々が、たくさんいらっしゃいます。


せめて、つかのまでも、ホッとできますように。

日々の激闘を考えると、本当に泣きそうです。
でも、私が泣いてはいられないので、気持ちを形にして、託してきました。


文節区切りの線


「仲よくしたい」
ただただ、そう願うばかりです。

みんな、できることをしている。
そして、その時にできることは、みんな違う。



子の手を引いた、お母さん。
健康そうな、お兄さん。
おじいちゃん、おばあちゃん。

それぞれの、大切な事情があって、今、そこにいるかもしれない。


文節区切りの線


自分だって、そうだった。
まだ、とても若い頃。いわゆる「機能不全家族問題」の影響で、その先、生きてゆけるかさえわからないほど、弱って倒れていた時……。

私は何ひとつ、実りあることが、できなかった。
そして、たくさんの方々に、助けていただきました。

でも、その時の私は、見た目上、まったくの健康体でした。
「なんでこの人、動けないの?」
「若くて、健康そうなのに」
そう思った人だって、きっと、いたと思います。


だから今、何もできない人たちの立場も、体験として、すごくわかる。


文節区切りの線


今は、自身の専門となった「機能不全家族問題」。
知識として知っていれば、たとえ本人はそうしたくとも、特性上、ルール等を守ることができない(適切に理解できない)層が、人口比約20%程度存在することもわかる。

肯定的な意味で、仕方がない。
その方々だって、そうなりたくて、その立場になったわけじゃない。

確かに、してはいけないことは、できれば、しないでほしい。

でも、それで人格全部・存在全部を攻撃するのは、違うと思う。
非常時には、価値観が混乱してしまうから、今は特に、慎重に気をつけないといけない。




できる人が、できることを、粛々としてゆくしかない。
そして、そんな状況だから、病院はきっと、阿鼻叫喚になっているだろう。

だから、ほんのいっときでも、甘いものを。
直接声をかけて、お茶を淹れてあげたい。できることなら、そうしたいです。

毎日、本当に、おつかれさまです。
体調を崩さないよう、大事にしてくださいね。


もちろん、STAY HOME がまだまだ続く、あなたも。
みんな、それぞれのあり方で、自分と互いを、大切にし合えたらいいですね。



それでは、また。
また、メッセージを書きにきます。

| 情報、こちらから受け取れます