日々是好日 |「生きている」という実感が、ひとつずつ、戻ってきている

「時間」と「心」が活動テーマ、文筆業・藤沢優月です。


タイトルの件。……すごいことだと思う。


「『生きている』という実感が、ひとつずつ、戻ってきている」こと。


そうやって、試行錯誤しながら、一歩ずつ。
あきらめずに、時間を進めてゆくんだなあ。






ONSA の各種ワークショップにご参加の、「お仲間さん」。
各種表類や、「PAY FORWARD(ご参加者のご感想)」、あるいは「チャレンジのきろく」を、刻々拝読しています。


全部、大切に見ています。

あなたが今、何を大切に思い、何に興味を持ち、どうしたいのか。
何に、どれぐらい悩み、それがどうなってほしいと願ってるのか。



あるいは、この夏はじめて、とりたての枝豆を茹でたこと。
日常の、こまこまとした小物の手作りに、チャレンジしていること。

作った梅干しの出来は、どうでしたか?
トレッキングの計画は、どうなっている?

間近で見た、大迫力の花火。
きっと、すごかったですね。





あなたの、ちいさな興味。

その “ちいさな” ことが、まさに、「生きている」ということ。



それなのに今まで、そのちいさな興味を持つことを、禁じられてきた。

「そんなこと、大したことがない」
「世の中には、もっと重要なことがある」

そんなふうに揶揄され、取り上げられ、勝手に道を差し替えられていた。
それらは全部、あなたの大切な、「想い」なのに。





私たちは今、その価値下げに、大抵抗している。
すると、不思議なことが、起こってきている。


「自分を取り戻すほど、人生が、色や音を取り戻してくる」


色も音もなく、しーんとして、誰もいない時間。
それが、少しずつ賑やかになり、彩りが戻ってきた。

あなたの時間に、確かに「あなたがいる」。
あなたがいるからこそ、しんと止まっていた時間が、動き出します。



最高です。
そのままゆこう!



あなたの気づきや、日々、感じていること。
それら素敵な、「ちょっとしたこと」を聞くのが、楽しみです。

楽しいです。
だって、それがつまり、「生きている」ということですものね。


それではまた、メッセージを書きにきます!