『夢かな手帳2020』シリーズ | 「夢をかなえる」3月 – 「受け取る」アンテナを、立てる。

「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。

いよいよ明日から、3月スタート。
今日は、2月29日(土曜日)です。


おそらくですが、3月の「夢をかなえる」の下準備をしたい方が、いらっしゃいますよね。
そのため、「前フリ」だけ、先に配信しておきます。


本編の「指令」入り、「『夢かな手帳』公式メールマガジン」の配信は、明日。
3月1日(ついたち)の、正午です。

文節区切りの線


3月の「夢をかなえる」チャレンジテーマは、「受け取る」。

あなたは、受け取ることは、得意?


私は……苦手(苦笑)。
自分にとっての、永遠の課題です。


画像

【完了】
[1]- 11月のチャレンジテーマ
『夢かな手帳』に、予定を「書く」。

【完了】
[2]- 12月のチャレンジテーマ
勇気を出す。
「ダメ」を、打ち破る。


【完了】
[3]- 1月のチャレンジテーマ
『夢かな手帳』の「ワクワクリスト」に、夢を本気で書く。
書くことを通じて、自分の世界に、自分の夢を宣言する。


【完了】
[4]- 2月のチャレンジテーマ
小さな親切をする。
この世界に、「先払い」をする。


\ 【今ここ】 /
[5]- 3月のチャレンジテーマ
「受け取る」アンテナを、立てる。

[6]- 4月のチャレンジテーマ
この世界に、心をひらく。
恐れを乗り越える。


[7]- 5月のチャレンジテーマ
『夢かな手帳』をめくってみる。
どんな小さなことでもいい。かなったことを、認める。


あらためまして、「受け取る」。

あなたは、上手に「受け取る」ことが、できますか?


私の場合は、ガッタガタです(笑)。
なぜ、ガッタガタかというと……。だって、こんなことが、起こりませんか?


「本当はいらないけれど、断ったら、どう思われるだろう」
「えっ? こんな、素敵なものが、私に?」
「なんだか、申し訳ない……」


あるいは、
「このことには、どれだけの『ひも』が、ついているのだろう」
「受け取ったら、代わりに、どれだけ差し出す必要があるのだろう」
「代償として、どれだけの『義務』『負担』を、負うことになるのだろう」



文節区切りの線


たいていの人にとって、「差し出す」ことは、さほど難しくないでしょう。

でも、「受け取ること」には多分、大きな混乱が、つきまといます。
その混乱の核心部は、きっと、こうです。


「私に、望むものを受け取るだけの、価値があるの?」
「私は、『ふさわしい』の?」



……さあ、これです。

かいつまんで言えば、こういうことかもしれません。

「受け取ること」
そこには、自己肯定感や自己価値観、自分の存在を丸ごと肯定することが、からんでいる。



自分に、よきものを「受け取る」価値があると感じている場合、特に疑問も感じずに、受け取れる。

でも、自分にはどこか、「価値がない」と感じていたら……。

差し出された親切を受け取ったら、お返しに、山ほどの義務が発生すると感じてしまう。

「申し訳ないから」、もっと差し出さないといけないと、感じてしまう。
「お返ししないと」と、感じてしまう。
しかも、倍返しでは済まないほど……。


「受け取る」
どうやらこれは、自己価値観のテーマと、分かち難くからんでいる。


話が核心部に、入ってきたかもしれませんよ。


画像


というわけで、続きは、メールマガジンで。
3月は、具体的な行動を通じて、「受け取って」みよう。


メールマガジンは、事前告知通り、再配送がありません。
また、各回とも、1日(ついたち)の正午配信となります。

気になる方は、本記事下リンクから、メールマガジンにご登録くださいね。


それでは、また!

新刊 & 大定番 好評発売中 |
お知らせ |
『夢をかなえる人の手帳』シリーズ公認のコンテンツやワークショップを提供しているのは、藤沢優月(著者)が主催する「ONSA」ならびに「ONSA WORKSHOP」のみとなります。
藤沢優月(著者)ならびにディスカヴァー(出版社)は、いかなる個人や団体にも、『夢かな手帳』の名を使用して活動したり、コンテンツを使用させることを公認しておりません。「夢をかなえる」「手帳」「手帳術」セミナー等の名称を使用する第三者の活動は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズとは一切の関係がございませんので、どうぞご注意ください。
本記事をまとめてご覧になりたい方のために、特設ページもございます |
- 「手帳」特設サイト内
 「ゆめかなニュース」
| 情報、こちらから受け取れます