『夢かな手帳2020』シリーズ | 危機が問うてくる質問。「あなたは、どう生きたいですか?」

「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。


「夢をかなえる」チャレンジ中の、「お仲間さん」。

……いーっぱいいることを、知っています (´∇`)

「あっ、私も仲間に入りたい!」
という方は、「『夢かな手帳』公式メールマガジン」に、ご登録くださいね。

あなたがいた方が、もちろん楽しいから、大ウエルカムです!


文節区切りの線


あらためまして、「夢をかなえる」チャレンジ中の、「お仲間さん」。
心も身体も、元気でいらっしゃいますか?

心は、参っていないでしょうか。


たとえばですが、こんなことも、言えると思うの。

私たちはみな、東日本大震災という、大きな試練を経験しました。
そのほか、数々の豪雨や地震、台風や災害を経験しました。

個人にかぎって言うならば、もっと様々な、試練があります。
あなたにもきっと、いろいろ、ありますよね。


そんな時私は、こんなふうに、考えることにしています。

「試練は、私に問うている」
「あなたは、どんなふうに、生きたいのですか?」
「何を、人生の最優先として、選択するのですか?」

……と。

これってそのまま、
「あなたの夢は、なんですか?」
この質問と、同じですよね。



文節区切りの線


日々の暮らしが、いつもどおりに回っていて、とりたてて、大きなできごともない時。
それは、平和でありがたくて、とてつもなく、貴重なこと。

決して、平穏の素晴らしさを否定するのではなく、でも、折々におとずれてくる危機は、おそらく、こう問いかけてきます。

危機が、なぜ起こるか。
その役目みたいなものがあるとすれば、きっと、大切なことを確認するため。

「あなたは、この人生の時間を、何に使いたいのですか?」
「あなたは、どう生きたら、後悔しないのですか?」


つまり、
「あなたの夢は、なんですか?」


危機を、ただ危機のままとして、不安におしつぶされそうなままでいることも、できる。
同時に、冷静に日々を送りながら、大切な質問と、向き合い続けることもできる。

「あなたの夢は、なんですか?」



文節区切りの線


もうすぐ、4月の「『夢をかなえる』チャレンジ」をお送りします。

「あなたの夢は、なんですか?」

この質問に、向き合い続けよう。
危機を、機会に変えるのです。


みんなで、見えない手をつなぎながら、一緒にゆけば大丈夫。
一人じゃないと、力が出ます。

それでは、また。

新刊 & 大定番 好評発売中 |
お知らせ |
『夢をかなえる人の手帳』シリーズ公認のコンテンツやワークショップを提供しているのは、藤沢優月(著者)が主催する「ONSA」ならびに「ONSA WORKSHOP」のみとなります。
藤沢優月(著者)ならびにディスカヴァー(出版社)は、いかなる個人や団体にも、『夢かな手帳』の名を使用して活動したり、コンテンツを使用させることを公認しておりません。「夢をかなえる」「手帳」「手帳術」セミナー等の名称を使用する第三者の活動は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズとは一切の関係がございませんので、どうぞご注意ください。
本記事をまとめてご覧になりたい方のために、特設ページもございます |
- 「手帳」特設サイト内
 「ゆめかなニュース」
| 情報、こちらから受け取れます