『夢かな手帳2021』| 表紙・カバーデザイン、仕上がりました!

「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。

タイトルのとおりです。
『夢かな手帳2021』の表紙・カバーデザイン、仕上がりました!



つい先ほど、編集者からメールがあり、大変丁寧な文言で、
「皆さまに、お見せいただいて、大丈夫です」
と書いてありました。


これは、「早く、皆さまに、ご紹介して」ということなのでしょう。
(わかるわかる)

もう、秒でお見せします。

文節区切りの線


2020年の早春は、皆さまもご存知、コロナ禍の影響がありました。
「ありました」と書きましたが、まったく、過去形ではありません。


この影響、誰もが受けています。

たとえばですが、例年なら、『夢かな手帳』の制作準備は、2月ごろからスタートします。
まだ底冷えのする2月。
編集者と著者が集まって、仮の方針を決めてゆきます。


ところが、今年の2月といえば、コロナ疑いが、どんどん広がってきた頃。
3月には、野火のようにコロナが広がり、4月には、出版社がクローズ・リモートに移行しました。
(賢明な判断だと思います)

そのため、『夢かな手帳』制作が動き出したのが、5月。
制作期間が、例年に比べて、圧倒的に足りません。



そんな中でも、妥協案ではなく、とれるベストを尽くす。
ご愛用くださっている皆さまが、明るい気持ちで、素敵な1年を過ごせるように。




そのようなわけで、『夢かな手帳2021』は、肯定的な意味で、1色展開です。

テーマカラーは、黄金。
ゴールドです。


すでに、ご紹介しました。
中身の月・デザイン・あしらいなどが、全てゴールドのイメージで刷ってあります。


困難の後には、必ず、花が咲く
実りがある

みんなの時間が、豊かに輝くようにと、願いを込めて。



前置きが長くなりましたが、その中身を包む、カバーデザインです。
どうぞ。


画像


明るい色づかい。
心が、パッと明るくなる感じがしますね。

そして、中央に配された、月。

欠けたものは、必ず満ちる。
全員の、願いです。



この手帳に、あなただけの2021年の、ストーリーを描く……。
それが、あなたの役目。

一緒に、素敵な1年にしましょうね。




晴れて解禁が出ましたので、次回は、各月扉のイラストをご紹介。

こちらも、願いがぎゅっと込められた、素敵なストーリー仕立てになっています。


それでは、また。
また、メッセージを書きにきます。

お知らせ |
『夢をかなえる人の手帳』シリーズ公認のコンテンツやワークショップを提供しているのは、藤沢優月(著者)が主催する「ONSA」ならびに「Dream Quest WORKSHOP」「ONSA WORKSHOP」のみとなります。
藤沢優月(著者)ならびにディスカヴァー(出版社)は、いかなる個人や団体にも、『夢かな手帳』の名を使用して活動したり、コンテンツを使用させることを公認しておりません。「夢をかなえる」「手帳」「手帳術」セミナー等の名称を使用する第三者の活動は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズとは一切の関係がございませんので、ご留意ご了承くださいませ。