『夢かな手帳2021』| 著者の『夢かな手帳』は9割完成。あなたは、どんな感じですか?

「時間」と「心」が活動テーマ、文筆業・藤沢優月です。


「『夢かな手帳2021』が、まだまだけっこう、白いです……」
「ダメ著者になってます」


著者が、こう告白したのは、しばらく前のこと。


と・こ・ろ・が……です。
そこから、猛烈巻き返しです。


11月の終わりを前に、著者の『夢かな手帳2021』は、だいたい完成。

手帳には、2021年の夢や希望、かなえたいことやスケジュールが、刻々書き込まれてきました。
きたる1年の時間が、イメージできた感じです。



画像


何度も、同じことになってしまいますが……。

現実の時間って、手帳に書いた、ほぼその通りに展開します。


だから、真っ白けっけの手帳は、怖い。


スケジュール帳に、あらかじめ、書いておかないもの。
それは、現実レベルでは、無視される時間になってしまう。


「だって、忙しいもの」
それが、現実。


「記憶がない」
「訳わからない」
「わからないまま、気づいたら、時間が過ぎている」……。

こんなことが、起こってしまう。
これが、手帳の(ある意味の)誠実さであり、怖さ。


誰よりも、手帳の威力を経験している。
だからこそ、時間と真剣に向き合わないことが、とても怖いのです。



画像


真剣に考えるのは、力の要ること。


だいいち、こんな問題だって、あります。

「そもそも、自分が何をしたいのかが、わからない」

Dream Quest WORKSHOP で扱うような、大きなボリュームのテーマ。
たぶん、1回で全ての答えは、出ないですよね。



あなたもきっと今ごろ、これらのテーマと、向き合っていることと思います。


だから、私からは、こんなメッセージを。

「後悔しない、時間になりますように」

よかったら、またここに、きてくださいね。
一緒に、進みましょうよ。


そして、ONSA サイトの中からも、いろいろなヒントが拾えますように。


それでは、また。
また、メッセージを書きにきます。

お知らせ |
『夢をかなえる人の手帳』シリーズ公認のコンテンツやワークショップを提供しているのは、藤沢優月(著者)が主催する「ONSA」ならびに「Dream Quest WORKSHOP」「ONSA WORKSHOP」のみとなります。
藤沢優月(著者)ならびにディスカヴァー(出版社)は、いかなる個人や団体にも、『夢かな手帳』の名を使用して活動したり、コンテンツを使用させることを公認しておりません。「夢をかなえる」「手帳」「手帳術」セミナー等の名称を使用する第三者の活動は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズとは一切の関係がございませんので、ご留意ご了承くださいませ。