『夢かな手帳2022』| 新旧スケジュール帳の、引き継ぎ式

「時間」と「心」が活動テーマ、文筆業・藤沢優月です。


10月も、残すところ、あと数日。

どんな時間をお過ごしですか?
あなたのものである『夢かな手帳』と一緒に、時間を過ごされているでしょうか。



画像


著者はといえば、新旧手帳の「引き継ぎ式」の、まっさいちゅうです。


とはいえ、ご安心ください。
著者もしょせん、人間。

本年度は、時間の流れに、負けております(!)。
もちろん、これから追いつき、追い越しますが、現時点では負けている。


著者は、2022年の、基本的な計画を立て終わった段階。

(20年も、「時間の著者」をやっております。その程度はしっかりしていないと、人様からお金をいただいて、ワークショップを開催している場合ではありません)


終わっていないのは、書き込みです。
具体的に線を引き、計画を書き入れ、手帳を完成する段階。


Dream Quest WORKSHOP に出たことのある方なら、わかると思います。
手と腕、肩が痛くなる、例の工程。


思い切りが必要です。

そして必ず、3-4日中には、全うせねば。
だらだらしていると、本当に、だらだらしたまま、時間ばかり過ぎてしまいますから。


画像


そんな中、この時期になると、いつも感じることがあります。

それは、新旧手帳の、厚みの差。


画像


何が起こっているの!!?

…… (||゚Д゚||)


本年度は幸いながら、コーヒーもこぼさず、水も、こぼさなかった。
でも、この厚みの差。

ちなみに、ページ数は変わっていないです。
『夢かな手帳』のページ数は、いつからか、ビニールカバーに入るギリギリの272ページに安定着地。



手帳のページの厚みを見ると、1年の時間の厚みに、感無量を覚えます。


「大切な時間を、一刻も取りこぼさずに、十全に生きる」
そのために、時間を愛おしんだ、記録の厚みなのだろう。


紙がペンの筆圧を受け止め、微妙に、ページを厚くしてゆく。
それが、1冊分に起こると、きっと、こんな差になる。



画像


2021年も、著者的には、夢中で生きた時間。
その時間の余韻が、1冊の手帳に、詰まっています。

2022年も、ますます、夢中で生きたい。
手帳に、想いをぎっしり、込めながら。




あなたの時間も、素敵なことになっていますように。

スケジュール帳の、引き継ぎ式。
広々カフェに出かけたり、自分だけの時間を作ったりと、ご自分なりに、楽しまれてくださいね。


それでは、また!

お知らせ |
『夢をかなえる人の手帳』シリーズ公認のコンテンツやワークショップを提供しているのは、藤沢優月(著者)が主催する「ONSA」ならびに「Dream Quest WORKSHOP」「ONSA WORKSHOP」のみとなります。
藤沢優月(著者)ならびにディスカヴァー(出版社)は、いかなる個人や団体にも、『夢かな手帳』の名を使用して活動したり、コンテンツを使用させることを公認しておりません。「夢をかなえる」「手帳」「手帳術」セミナー等の名称を使用する第三者の活動は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズとは一切の関係がございませんので、ご留意ご了承くださいませ。