『夢かな手帳2022』| 週末は、ドリクエ・ワークショップ「手帳術」の回

「時間」と「心」が活動テーマ、文筆業・藤沢優月です。


あなたの、『夢かな手帳』の使い込み具合は、いかがでしょう。
週末はドリクエ・ワークショップで、一緒に、手帳を作り込みますよ。



画像


手帳を、作り込む。
もちろん、その目的は、たった1つです。

「自分と、仲よく生きるため」


言葉を変えれば、
「自分のペース配分や、できる範囲を、理解するため」
「自分にさんざん無理を押し付け、押し付けていることにも気づかぬまま、なじらないため」






スケジュール帳の使い方に、「正しい」「間違っている」というのは、ないと思う。
その上で、助けになる」使い方というのは、あるように思っています


スケジュール帳を、自分の助けに使えるというのは、偉大な技術。


なぜなら、逆から見てみると、よくわかる。

むちゃくちゃに予定を詰め、それを、スケジュール帳にも書かない。

自分が、どれだけ自分に、無茶振りをしているのか、自分こそ把握できていない。
なぜなら、スケジュール帳が、真っ白けっけだから。

これは、とても苦しい状態になる。


画像


その上、
「なんで、もっとできないの?」
「どうして、他の人みたいにできないの?」

こんなふうに、自分が自分を責めたら、自分自身が、泣けてきませんか?


自分のペース配分や、できることの範囲を、理解すること。
言葉を変えれば、「自分を、理解すること」。

このために、ワークショップをつうじて、スケジュール帳と向き合ってゆきます。
自分と喧嘩するためではなく、自分と、仲よくするために



画像


自分との仲直りは、いつでも、心軽くなります。
というわけで、もうすぐ、お会いしましょう。

ぐっすり寝て、ちょっと遅く起きて、オンライン会場まで、のんびりお越しくださいね。

お知らせ |
『夢をかなえる人の手帳』シリーズ公認のコンテンツやワークショップを提供しているのは、藤沢優月(著者)が主催する「ONSA」ならびに「Dream Quest WORKSHOP」「ONSA WORKSHOP」のみとなります。
藤沢優月(著者)ならびにディスカヴァー(出版社)は、いかなる個人や団体にも、『夢かな手帳』の名を使用して活動したり、コンテンツを使用させることを公認しておりません。「夢をかなえる」「手帳」「手帳術」セミナー等の名称を使用する第三者の活動は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズとは一切の関係がございませんので、ご留意ご了承くださいませ。