『夢かな手帳2021』| この時間は、あなたが主役。あなたが主人公の手帳です

「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。

お待たせしました。
続報です。
続々許可が出ていますので、『夢かな手帳2021』の情報を、たっぷりお届けしてゆきます!


画像


まず、嬉しいことから。

『夢かな手帳』は、おかげさまで、19周年を迎えました。
本当に、ありがとう。


なにが嬉しいって、こういうことが、いちばん嬉しいです。
それは、あなたの時間の幸せに、貢献できること。

きれいごとじゃなく、本当に嬉しいです。
そして、その気持ちは、伝わっていると思う。……どうですか?


画像


「『夢かな手帳』が、人生の転機になった」
こういうストーリーを、おかげさまで、星の数ほど聞いてきました。

このストーリーに出会うたび、涙が出るほど嬉しいです。



なぜ?

だって、時間って、とてつもなく大事なもの。
いうなれば、あなたの「命」と、同等の価値のものです




日々の時間が、「つまんない」と思う時。

私たちは、自分の命を、本気では生きていない。

どこか、外野から眺めて、冷静に距離をとって、分析したり、批判したりしている。

決して、「命のど真ん中」にいないし、夢中になって、生きてはいない。
周縁部から、冷静に観察して、あれこれ口出ししている。

だから、つまんない。



ところが、……不思議なことが、起こるものです。
「それではいやだ!」と感じるタイミングが、不思議と、誰にでもやってくる。


こんなの嫌だ、悔しい。
私だけ、人生の仲間はずれは、いや。
「本気で生きたい!」……と願うようになる。


この「本気」というやつが、大好きです。


画像


私が、自分の時間(命)を、本気で生きていなかった時。

「そんなに熱くなるなんて、私なんかに、ふさわしいことじゃない」
「私の人生なんて、どうせ、『この程度』」
「私は、著名人でもないし、『大成功してやる!』なんていう、大きな野心もない」
「それなのに、自分の人生に本気になるなんて、『あんた、なにさま?』と、引いた目で見られるに決まっている」

こんなふうに、勝手に自分で線引きをして、自分を自分で、価値下げしていた時……。


日々が、とてもつまらなかったことだけは、確かだった。



「こんな日々の時間なんて、嫌だ」
「このまま人生が終わったら、少なくとも、後悔する」


そう思って、本気をむき出して、人生にチャレンジしはじめた。
その時に頼ったのが、スケジュール帳。

自作の手帳でした。
それを、そのまま作品に起こしたものが、『夢かな手帳』です。


画像


だから、この手帳があなたにも、なんらかのよい影響になっているのなら、最高に嬉しい。

だって、変化は、共同作業ですものね。

あなたがいて、手帳がある。
そうして、二者でもって、変化を作ってゆく。



この共同作業が、とてつもなく嬉しい。
だって、同じ生きるなら、楽しくて豊かな方が、絶対にいいじゃないですか。


画像


2021年度は、たぶんですが、大きな変化の年になりますよ。

そのため、あなたの役に立つために、『夢かな手帳2021』は、こんなふうにオーダーをリクエストして、仕上げました。

著者の真剣なオーダーに、真剣に関わってくださったクリエイターの皆さま、出版社の仲間にも、感謝です。
(今はみんな、最終の作業中です)


その様子を、次からの記事で、詳しくシェアしますね。

そして、何よりあなたが、この手帳の主役
主役の座について、この手帳に「色」をつけてゆく、大切な役割となります。

いちばん、重要な役割ですよ。
よろしく頼みますね。



それでは、続きます。

お知らせ |
『夢をかなえる人の手帳』シリーズ公認のコンテンツやワークショップを提供しているのは、藤沢優月(著者)が主催する「ONSA」ならびに「Dream Quest WORKSHOP」「ONSA WORKSHOP」のみとなります。
藤沢優月(著者)ならびにディスカヴァー(出版社)は、いかなる個人や団体にも、『夢かな手帳』の名を使用して活動したり、コンテンツを使用させることを公認しておりません。「夢をかなえる」「手帳」「手帳術」セミナー等の名称を使用する第三者の活動は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズとは一切の関係がございませんので、ご留意ご了承くださいませ。