『夢かな手帳2021』| 輝く時間を、本当に生きてしまおう。自分との、約束チャーム[1]

「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。


時間の主役の皆さま。
さらなる1年、時間の主役になる心の準備は、整ってきたでしょうか。



著者である私は、こんな形で、応援です。

……覚えていますか?
著者の手帳にぶらさがっていた、チャームがあったことを。


画像
| 願いを込めましょうよ。それぞれの時間に


これは、著者私物なのですが、これがここにくっついている理由は、本当に単純。


目に見えるモノって、やっぱり、力がある。
見えるから、折々に、思い出せるのです。

「そうだ。私は、この時間をせいいっぱい生きると、決めたのだった」
「自分を愛すると、決意したのだった」


こんなふうに。



そして、もちろん。2021年度も、しおり紐つきます。
それなら、願いを込めなくては。

文節区切りの線


というわけで、こんなふうにしてみました。

『夢かな手帳2021』の扉画……それぞれの、「時間の旅」のイメージ。
これと、チャームをシンクロさせてみました。


あなたの願いは、何でしょう。


2021年度は、たとえば、願いを「花ひらかせたい」?


画像

画像

画像
| 花ビジューの、可憐なチャーム

画像
| 月と組み合わせても、すてき


星のように、輝きたい?

「善き知らせ」を、運んでもらいたい?


画像

画像

画像
| 扉画そのもの。星を運ぶ鳥

画像
| Love(愛)だって、運んでくる


それとも、月のように、「輝きたい?」

月に、手を伸ばしたい?
(願いが、かなってしまいたい?)


画像

画像

画像
| 輝きの二連星。月を、内側に持っている星が、かわいい

画像
| ダブルで、輝いてしまえ


心の中の願いごとを、形として象徴する、チャーム。

あなたの『夢かな手帳2021』のしおり紐に、願いをあらわす「しるし」がやってくると、考えたら……。
ちょっと、素敵な気持ちになりませんか?


(続きます)

お知らせ |
『夢をかなえる人の手帳』シリーズ公認のコンテンツやワークショップを提供しているのは、藤沢優月(著者)が主催する「ONSA」ならびに「Dream Quest WORKSHOP」「ONSA WORKSHOP」のみとなります。
藤沢優月(著者)ならびにディスカヴァー(出版社)は、いかなる個人や団体にも、『夢かな手帳』の名を使用して活動したり、コンテンツを使用させることを公認しておりません。「夢をかなえる」「手帳」「手帳術」セミナー等の名称を使用する第三者の活動は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズとは一切の関係がございませんので、ご留意ご了承くださいませ。