『夢かな手帳2021』| 2021-22年度の本革手帳カバー、色見本はこちら

「時間」と「心」が活動テーマ、文筆業・藤沢優月です。


世間的には、黄金週間。
どんな時間をお過ごしですか?

著者はもちろん、時期的に、まだ公にはできない活動中。
「『夢かな手帳』公式メールマガジン」には、ポツポツと書いておりますが、ブログ発表は、もう少しお時間をくださいませ。

その代わり、革熱病関連なら、弊社(ONSA)単体の仕事。
そのため、ひと足もふた足も早く、お知らせ申し上げますね。


文節区切りの線


少し話がずれますが、私、本当に信じています。

「大変な時こそ、できる範囲でいい。楽しいこと・前向きなことを、意識して探して過ごすぞ」
と。

この考え。
いわゆる「機能不全家族問題」からの、長い長い暗闇を脱するプロセスで身についた、自身の処世術のようなもの。
本能的な、危機の避け方みたいなものでしょうか。


暗闇は、いつかは明ける。
明けない夜はない。

そして、時間がいったん、堰を切って動き出したら……。
今のように、時間を過ごせるチャンスは、逆になくなる。


いつでも、その時にできることが必ずある。
だから、「元どおりに」ではなく、その時にできることを、選んでゆけばいい。






2021-22年の手帳カバー計画も、同じ考え。

きたる2021-22年度は、どんな1年になるだろう。
次第に時間が動き出し、きっと、めまぐるしい1年になると思いますよ。


というわけで、落ち着いていて、お手入れ不要な色をチョイス。


以下の2色に決めました。
大人っぽく仕上がり、上品に持っていただけるカラー。

製品に仕上がると、もっとしっかり、様子がわかると思う。
(下の写真よりも、もっと上品な印象に仕上がります)

まずは、縫製糸の確認サンプルから。


画像


上の色が、Jabulani(牛革なめし)で、ご提供の色。
下が、Velude(牛革ベロア)。


画像


下に敷いてある手帳カバーは、ちなみに、著者個人のもの。
かぶせっぱなしで、もう、何年になるでしょう……。

とにかく、この系統の色。
すごく、使い勝手がいいのです。

強烈にお勧めができますので、本年度色に採用しました。



時間も、次第に動いてきましたね。
今、できる範囲のことで、楽しい黄金週間になりますように。

それでは、また。

お知らせ |
『夢をかなえる人の手帳』シリーズ公認のコンテンツやワークショップを提供しているのは、藤沢優月(著者)が主催する「ONSA」ならびに「Dream Quest WORKSHOP」「ONSA WORKSHOP」のみとなります。
藤沢優月(著者)ならびにディスカヴァー(出版社)は、いかなる個人や団体にも、『夢かな手帳』の名を使用して活動したり、コンテンツを使用させることを公認しておりません。「夢をかなえる」「手帳」「手帳術」セミナー等の名称を使用する第三者の活動は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズとは一切の関係がございませんので、ご留意ご了承くださいませ。