『夢かな手帳2022』| 2022年度扉絵担当の、イラストレーター様ご紹介[2]

「時間」と「心」が活動テーマ、文筆業・藤沢優月です。


『夢かな手帳』名物、月扉画のご紹介と、イラストレーター様ご紹介。
前回の続きを、お届けします。


画像
| 2022年度のご担当は、紙野夏紀さん



ひとつ前の記事で、最初の6ヶ月分のイラスト(扉画)を、ご紹介しました。

ものすごく、かわいかったでしょ?

本物の手帳の画は、見ているだけで、幸せになる感じ。
ぜひ、このワクワクを手に、1年の時間を一緒に。



それでは、後半6ヶ月の分も、ご紹介します。


画像
| 5月。太陽キラキラ、鯉のぼりそよそよ。気持ちのいい季節


画像
| 潤いの6月。この月の、浮世絵的な稲光が、とても好き。


画像
| 7月。短冊が鮮やか! たくさんの願いが、込められています



画像
| 8月。このすいかの切り方に、日本の夏を感じる方は、多いはず


画像
| 空気の中に、金木犀が香ってくると、9月のおとずれ


画像
| そして、次の時間の中へ。『夢かな手帳』的完結の10月


どうでしたか?

写真で見ているだけで、ワクワクです。
重ねて、本物はすごいぞ。


紙野さん、素敵な画を、『夢かな手帳』ユーザのために、ありがとうございました。
おかげさまで、2022年も、時間が輝く1年と、することができそうです。





そして、さらにワクワクの仕掛け。
D社の皆様が、『夢かな手帳』ユーザのために、ギフトをご用意しています。


もうご存知で、すでに、アクセスされた方もいるかも。
ひとつ後の記事で、ワクワクの仕掛けを、分け合いたい。


というわけで、また、メッセージを書きにきますね。

お知らせ |
『夢をかなえる人の手帳』シリーズ公認のコンテンツやワークショップを提供しているのは、藤沢優月(著者)が主催する「ONSA」ならびに「Dream Quest WORKSHOP」「ONSA WORKSHOP」のみとなります。
藤沢優月(著者)ならびにディスカヴァー(出版社)は、いかなる個人や団体にも、『夢かな手帳』の名を使用して活動したり、コンテンツを使用させることを公認しておりません。「夢をかなえる」「手帳」「手帳術」セミナー等の名称を使用する第三者の活動は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズとは一切の関係がございませんので、ご留意ご了承くださいませ。