『夢かな手帳2021』| 12ヶ月の扉イラスト – まずは、作戦会議。そして、イラストラフの作成です

「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。


2020年の8月も、下旬となりました。

世界が、大きく変わった2020年。
もうすぐ『夢かな手帳』的、時間の区切りを迎えます。



今も、新しい時間も、いい時間にできたらいい。
そのためには、いちどきに、一気に先を見すぎず、「今、ここ」の時間に集中。

なぜなら、この「今」だけが、唯一、生きている時間だから




……という感覚を、どうやって、ありありと共有しよう。


画像
| むーん……。どうしよう。一人作戦会議


そんな時、イラストは、強い力になります。
画1枚で、これほどまでに伝えられる、表現力のすばらしさ。


画像


白羽の矢が立ったのは、イラストレーター・村山宇希さん。

いろいろなところで、ご活躍のイラストレーターさんです。
雑誌等で、すでに、画を目にしたことのある方も、多いかも。

もちろん、『夢かな手帳2020』でも、お世話になりました。



そんな村山さん。
お話を向けると、ご快諾くださいました。

「わかりました」
「やってみます」

「心の中の、『時間の旅』ですね?」
「おもしろそうです」


まずは一緒に、いろいろと、アイディア出しをしてゆきます。
はじめに、コンテンツ責任者である著者の考えを伝えて、そこから一緒に、ふくらませてゆきます。


画像
| すでに決まっていることを踏まえて

画像
| 全員の仕事が「生きる」「調和する」ように、作戦会議


1年って、いろんなリズムがありますよね。

楽しい時や、調子のいい時も、もちろんある。

同時に、
「方向が、わからなくなってしまいました」
こんな時だって、必ずやってくる。

それが、自然なリズム。



画像
| わからなくなってしまう時だって、くる


そんな時でも、また、前を向いて、立ち上がれるように。

「欠けたら、必ず満ちる」
「進む方向は、前方向」
このことが、決して押し付けにならず、「そうだよね!」と共感できるように。

自然な力が、心の中から、出てくるように……。



画像
| 心が、ちゃんと前方向に、旅立てるように


まずは、ラフを作ってゆきます。


ものづくりは、共同作業です。

もちろん、その輪の中には、使ってくださる、あなたの存在もある。
まっしろな手帳を「仕上げて」くれる、使い手の存在を無視して、モノは作れません。

あなたの存在の気配も織り込み、全員で、ひとつを作ってゆきます。



(続きます)

お知らせ |
『夢をかなえる人の手帳』シリーズ公認のコンテンツやワークショップを提供しているのは、藤沢優月(著者)が主催する「ONSA」ならびに「Dream Quest WORKSHOP」「ONSA WORKSHOP」のみとなります。
藤沢優月(著者)ならびにディスカヴァー(出版社)は、いかなる個人や団体にも、『夢かな手帳』の名を使用して活動したり、コンテンツを使用させることを公認しておりません。「夢をかなえる」「手帳」「手帳術」セミナー等の名称を使用する第三者の活動は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズとは一切の関係がございませんので、ご留意ご了承くださいませ。