『夢かな手帳2021』| 12ヶ月の扉イラスト – 1年の中に、ストーリーがある

「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。

暑い中に、秋の足音。
時間の切り替わりの時が、刻々、近づいている気配がしますね。



そんな中……2021年は、どんな年にする?

きっと、力強い1年がいい。



『夢かな手帳2021』のイラストラフを見ながら、これから乗り越えてゆく時間を、一緒にイメージしてみませんか?

まさか、公開するとは想像していなかった、イラストラフ。
イラストレーター・村山宇希さんの作品です。
(公開に際しては、ご快諾をいただいています)

ラフ描きなのに、まるで芸術作品ですよね。

文節区切りの線


あらためまして、もうすぐくる、時間の区切り。
2021年度は、どんな1年にする?



画像


変化の中にいる。
それなら、想ってばかりいないで、自分を知る旅に出なくては。


画像


歩き出そう。


画像


歩き続けよう。
この時間を歩き慣れるまでは、根気の時間。


画像


そして……。

根気の時間の後には、必ず、ごほうびが。


画像


想いは、必ず、花咲く。


画像


だから、もっと遠くへ。
自分と、次の頂へ。……ここからが、本丸の冒険。


画像


ひと休みしたら……。

また、挑戦の時間へ。


画像


今が、ふんばり時。
これを越えれば、ご褒美が待っていると、知っている。


画像


乗り越えた後の時間は、なんて、星に近いんだろう。
自分という星に、手が届きそうだ。


画像


私は、遠くまで歩いてきた。

かつては、ただの、夢の場所だった。
でも今、その場所に、現実にいる。


画像


この自分と一緒に、帰還しよう。
いつもの時間に。


画像




どうでしょう。
この躍動感。

そして、あなたの、1年の時間。
多分、こんなふうに、なっている気がしませんか?




ちなみに、このイラストラフ。
どんなふうに、本番に、仕上がってゆくのでしょう。

ピンクの線の、意味は何?

ためしに、それらも、のぞいてみましょうか。


(続きます)

お知らせ |
『夢をかなえる人の手帳』シリーズ公認のコンテンツやワークショップを提供しているのは、藤沢優月(著者)が主催する「ONSA」ならびに「Dream Quest WORKSHOP」「ONSA WORKSHOP」のみとなります。
藤沢優月(著者)ならびにディスカヴァー(出版社)は、いかなる個人や団体にも、『夢かな手帳』の名を使用して活動したり、コンテンツを使用させることを公認しておりません。「夢をかなえる」「手帳」「手帳術」セミナー等の名称を使用する第三者の活動は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズとは一切の関係がございませんので、ご留意ご了承くださいませ。