ONSA WORKSHOP TOP

BOOKS メインバナー

心を、とりもどす。
自分と、なかなおりする。

ONSA WORKSHOP は「体験型講座」。
2003年から開講し、「機能不全家族問題」「共依存」……特に「がんばりやさん」「いい子」タイプの圧力に巻き込まれた方の回復サポートを、得意といたしております。

見失ってしまった、あなたの心に。


「何がおかしいのか、わからない」。
これが、キーワード。

知らないうちに、心が、迷子になっていた。
心とはぐれてしまった、自覚もなかった。

苦しさに、気がついたら......。


一度きりの、大切な人生。
刻々と過ぎてゆく、大切な時間......。
心が不在のまま、日々の時間を歩くことは、とても苦しい。

画像

自分の手で、とりもどしてゆく。


あなたが、「本当のあなた」と調和して、日々の時間を生きること。
本当に生きたい人生を、「本当に」生きること。

その、かけがえのなさを、かみしめがなら......。
「迷子」から脱出の途にある、多くの方々とともに、今この瞬間も歩いています。

大丈夫。道を、知っているから。


「ONSA」には、「響き合い、調和し合う」という意味が込められています。

ONSA は、累計出版部数172万部を抱える、文筆業・藤沢優月のオフィス。
ONSA WORKSHOP は、「機能不全家族問題」の当事者・体験者であり脱出経験者である、藤沢優月が主催している唯一のワークショップです。
バナー

ONSA WORKSHOP|自分を好きになる
ONSA WORKSHOP とは、「体験型講座」のこと

目標は「自分」という感覚を、とりもどすこと。
「機能不全家族問題」からの脱出をめざして、3種類のプログラムをご提供しています。

ONSA WORKSHOP(対面式)では、「知識」と「再訓練」をご提供。
多数のコースバリエーションを持ち、夏(夏開催)と秋(秋開催)を中心に、首都圏にてクラスを開催しています。
ONSA Web. WORKSHOP(ウェブ・ワークショップ)は、毎日参加できるワークショップ。「機能不全家族問題」の仕組みを、じっくり学ぶことができます。
専用 Web にアクセスして、毎日「回復」作業に触れられることは、脱出の強い味方です。
ONSA TAT セッションは、サイコセラピー(心理療法)の一種。
アメリカ TAT(Tapas Acupressure Technique)の訓練のもと、トラウマの「焼きつき」を切り離すケアーをご提供。ONSA WORKSHOP にて下準備が整った皆さまに、順次ご提供しています。
画像
| ONSA からの 時間のギフトテーマ
 ONSA WORKSHOP にご参加の皆さま ここに集うすべての皆さまへ
2月 - 計画を立てる。心と対話する月 | 「自立」と「孤立」
「自立」と「孤立」。
たった1文字の違いなのに、コンセプトがぜんぜん違う、2つの考え。

「自立」。
自分の足で立って、それゆえ、私が世界に開いていること。

「孤立」。
自分の足で立とうとしても、ぐらぐらして、うまく立てない。それゆえ私は、怖さで、世界に閉じてしまう。

私がもし、「孤立」に巻き込まれているとしたら。
......続きを読む >>
Gift from ONSA(藤沢優月)

ONSA WORKSHOP で、安全に自分と仲直りする
基礎的な知識のご案内

ONSA WORKSHOP にご参加いただく際に、あらかじめ知識をお持ちいただきたい、安全上の情報です。

運営上大切にしている理念等が、書かれています。

主催者よりメッセージ |
理念とルール |

ご参加の前後に
さらなる知識をえるために

「共依存」って、なに?
「機能不全家族問題」って?


ONSA WORKSHOP にご参加されているさいちゅう、あるいはご参加後に、よくいただくご質問にお答えしています。

「機能不全家族問題」から脱出するための、知識をつける
「機能不全家族問題」から脱出するための、サポートをさがす

お申込の概要・ご参加中の諸情報
ご参加の皆さまへの、事務ご連絡等

ご参加に必要なルール理解・事務ご連絡事項等を、まとめました。

ONSA WORKSHOP ご参加前に、知識をお持ちいただきたいルール等が、記載されております。
ご参加中の事務連絡も、こちらから探せます。


対面式
ONSA WORKSHOP(対面式)

基本の柱の1本目。
「ONSA WORKSHOP(対面式)」の、コースご案内です。


「ONSA WORKSHOP」(対面式)とは、「夏開催」と「秋開催」のコースバリエーションを中心とした、人気のコースです。

1st. STAGE |
予習&復習 |
2nd. STAGE |
3rd. STAGE |

ウェブ・ワークショップ
ONSA Web. WORKSHOP(ウェブ・ワークショップ)

基本の柱の2本目、「ONSA Web. WORKSHOP(ウェブ・ワークショップ)」。
ご自宅のパソコンから参加できる、安全空間ワークショップです。


専用 Web にアクセスして、毎日回復作業に触れられることは、「共依存」脱出の強い味方。「機能不全家族問題」や「共依存」の仕組みを、じっくり学ぶことができます。
「対面式」ワークショップのペースメーカーとして、人気のコースです。

1st. STAGE |
2nd. STAGE |
3rd. STAGE |
4th. STAGE |

サイコセラピー
ONSA TAT セッション

TAT(ティーエーティー)とは、アメリカ TAT(Tapas Acupressure Technique)の訓練にもとづいた、トラウマの「焼きつき」を切り離す、サイコセラピー(心理療法)の一種。

ONSA WORKSHOP の再訓練にて、準備のできた方にご提供。
「世界の見えかたが、変わる」体験です。


ONSA WORKSHOP にご参加判断をされる前に
「発達障害」と「パーソナリティ障害」

あなたのケアーは、ONSA WORKSHOP で合っていますか? 

「発達障害」と「パーソナリティ障害」の方には、ONSA WORKSHOP のケアーが合いません。
時間もお金も、ムダになってしまう前に、知識を深めておきます。


ご参加者のご感想
PAY FORWARD

PAY FORWARD(ペイ・フォーワード)とは「次の人につなぐ」という意味。

ひとあし先に変化の道を歩き出した、ONSA WORKSHOP ご参加者の皆さまより、後からくる「お仲間さん」に贈られるメッセージです。

ジャンプして読む |
ジャンプして読む |

画像

|「時間のためのちいさなワークショップ」
PAY FORWARD(ご参加者のご感想)


画像

|「境界線(バウンダリー)ワークショップ」
PAY FORWARD(ご参加者のご感想)


画像

|「インナーチャイルド・ワークショップ」
PAY FORWARD(ご参加者のご感想)


画像

|「感情ワークショップ」
PAY FORWARD(ご参加者のご感想)


画像

|「身体のワークショップ」
PAY FORWARD(ご参加者のご感想)


画像

|「変容(トランスフォーメーション)ワークショップ」
PAY FORWARD(ご参加者のご感想)


画像

|「前向き表現のアサーティブ・トレーニング」
PAY FORWARD(ご参加者のご感想)


画像

|「交渉のためのアサーティブ・トレーニング」
PAY FORWARD(ご参加者のご感想)


画像

|「お金と自立のワークショップ」
PAY FORWARD(ご参加者のご感想)


画像

|「春の大勉強&大準備会[ だいだい会 ]」
PAY FORWARD(ご参加者のご感想)


画像

|「冬の大勉強&大準備会[ だいだい会 ]」
PAY FORWARD(ご参加者のご感想)


画像

|「ONSA Web. WORKSHOP(0)コース0/STEP.1」
PAY FORWARD(ご参加者のご感想)


画像

|「ONSA Web. WORKSHOP(1)コース1/STEP.1」
PAY FORWARD(ご参加者のご感想)


画像

|「ONSA Web. WORKSHOP(2)
コース2/STEP.1(前期日程)」
PAY FORWARD(ご参加者のご感想)


画像

|「ONSA Web. WORKSHOP(2)
コース2/STEP.1(後期日程)」
PAY FORWARD(ご参加者のご感想)


画像

|「ONSA Web. WORKSHOP(2)
コース2/STEP.2(前期日程)」
PAY FORWARD(ご参加者のご感想)


画像

|「ONSA Web. WORKSHOP(2)
コース2/STEP.2(後期日程)」
PAY FORWARD(ご参加者のご感想)


画像

|「ONSA Web. WORKSHOP(3)
コース3/STEP.1(前期日程)」
PAY FORWARD(ご参加者のご感想)


画像

|「ONSA Web. WORKSHOP(3)
コース3/STEP.1(後期日程)」
PAY FORWARD(ご参加者のご感想)


画像

|「ONSA Web. WORKSHOP(3)
コース3/STEP.2(前期日程)」
PAY FORWARD(ご参加者のご感想)


画像

|「ONSA Web. WORKSHOP(3)
コース3/STEP.2(後期日程)」
PAY FORWARD(ご参加者のご感想)


画像

|「ONSA TAT セッション」
PAY FORWARD(ご参加者のご感想)

TO TOP